細川興隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
細川 興隆
時代 江戸時代前期
生誕 寛永9年(1632年
死没 元禄3年1月21日1690年3月1日
改名 兵千代(幼名)、興隆
別名 市正(通称)
戒名 法雲院徹心宗閑
墓所 栃木県芳賀郡茂木町の能持院
官位 従五位下、豊前
幕府 江戸幕府
常陸谷田部藩
氏族 細川氏
父母 父:細川興昌、母:加藤貞泰の娘
正室:牧野信成の娘
興栄加藤泰和(次男)
亀姫(細川利重正室)、娘(小笠原長重正室)

細川 興隆(ほそかわ おきたか)は、常陸谷田部藩の第3代藩主。

生涯[編集]

寛永9年(1632年)、第2代藩主・細川興昌の長男として生まれる。寛永20年(1643年)に父が死去したため家督を継ぐ。正保3年(1646年)に従五位下・豊前守に叙位・任官する。

下館城在番、大坂加番、駿府加番、天和元年(1681年)の真田信利改易の際の沼田城在番などを務めた。元禄2年(1689年)閏1月14日、長男の細川興栄に家督を譲って隠居する。

元禄3年(1690年)1月21日に死去した。享年59。

生まれつき穏やかで学問に通じていたが、短慮な一面もあったとされる。