細川興貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
細川 興貫
Hosokawa Okitsura.jpg
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 天保3年12月8日1833年1月28日
死没 明治40年(1907年9月11日
別名 辰十郎(幼名)
戒名 興信院殿正三位勲四等子爵貫忠宗徹大居士
墓所 東京都練馬区桜台の広徳寺
官位 従五位下、玄蕃頭、正三位
常陸谷田部藩主→下野茂木藩知藩事
氏族 細川氏
父母 父:細川興建
母:細川興譲の娘(細川興徳の養女)
兄弟 興貫嵯久加藤泰壮、寅二郎
正室:細川行芬の娘・之寿
興嗣(長男)、理(大岡忠明正室)
鎮(松井将之室)、堀親篤(次男)
亀井貫一(三男)、健麿(四男)

細川 興貫(ほそかわ おきつら)は、常陸谷田部藩の第9代藩主。後に下野茂木藩主となる。

生涯[編集]

天保3年(1832年)12月、常陸谷田部藩の第8代藩主・細川興建の長男として生まれる。嘉永5年(1852年)9月6日、父の隠居により家督を継ぎ、従五位下・玄蕃頭に叙位・任官する。藩政では凶作が続いて百姓一揆も頻繁に起こり、藩財政も苦しかったといわれる。

慶応4年(1868年)3月、家臣119名を率いて上京し、京都警護を務めて新政府に恭順の意を示した。明治2年(1869年)6月22日に版籍奉還で谷田部知藩事となる。明治3年(1870年)12月、藩庁を茂木に移して茂木藩を再立藩し、明治4年(1871年)2月8日に茂木知藩事に任じられた。直後の7月14日、廃藩置県により知藩事を免職された。

明治17年(1884年)の華族令子爵となった。明治23年(1890年)7月10日、貴族院議員に選ばれて、明治37年まで二期務めた。明治40年(1907年)9月11日、東京府浅草の今戸で死去した。享年76。