細川興栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
細川 興栄
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 万治元年(1658年
死没 元文2年7月19日1737年8月15日
改名 万千代(幼名)、興英(初名)、興栄
別名 玄蕃(通称)
戒名 鳳泉院軸雲紹泰
墓所 栃木県芳賀郡茂木町の能持院
官位 従五位下、長門
幕府 江戸幕府
常陸谷田部藩
氏族 細川氏
父母 父:細川興隆、母:牧野信成の娘
正室:本多俊次の娘
興貞万千代
娘(板倉重同正室のち細川興誠正室)
養子:興誠興虎

細川 興栄(ほそかわ おきなが)は、常陸谷田部藩の第4代藩主。

万治元年(1658年)、第3代藩主・細川興隆の長男として生まれる。元禄2年(1689年)閏1月14日、父の隠居により家督を継ぐ。宝永6年(1709年)3月、従五位下・長門守に叙位・任官する。

短慮な上に粗暴で、殺生を好んだとされており、藩政では重税を強いて領民を苦しめ、家臣に対しても些細なことで厳罰に処するなど、悪政を行なったといわれる。享保13年(1728年)11月23日、家督を婿養子細川興誠の長男・興虎に譲って隠居し、軸雲と号した。元文2年(1737年)7月19日に死去した。享年80。