細川元勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細川 元勝(ほそかわ もとかつ、永禄4年(1561年) - 寛永5年(1628年))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。第20代細川京兆家当主。幼名六郎。別名に頼範(よりのり)。官位は讃岐守、侍従従四位下。細川昭元の子、母は織田信長の妹お犬の方

生涯[編集]

永禄4年(1561年)、室町幕府管領職を代々務めた名門細川京兆家第19代当主で丹波守護細川昭元(のち信良に改名)の子として誕生。父から細川京兆家通字でもある「元」の字を与えられて元勝と名乗る。

大坂で豊臣秀頼に近侍し、小姓頭として5,000石を拝していたという(別名頼範の「頼」の字も秀頼から偏諱を賜ったものとされる)。

但馬守護山名堯熙の嫡男である山名堯政と親しい間柄にあった。大坂の陣では豊臣氏の親軍として戦うが、戦後は織田家などの親族の徳川家への進言により助命され、始めは細川家と縁の深い京都竜安寺に蟄居した。

その後、姉妹の円光院が秋田実季に嫁いでいた縁で、常陸宍戸藩秋田氏に客将として迎えられた[1]

寛永5年(1628年)に死去。なお、長男の義元(よしもと)は秋田氏が移封された陸奥三春藩に仕え、家老である年寄衆より上席として、大老または城代として代々重職を勤めた。次男の元明(もとあき)の系統も藩の重職として仕えた(桜谷細川氏)。

出典[編集]

関連項目[編集]