細川晴国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
細川晴国
時代 戦国時代
生誕 永正13年(1516年8月[1]
死没 天文5年8月29日1536年9月14日
別名 虎益(虎増)、晴総、通称:八郎
氏族 細川野州家
父母 父:細川政春
兄弟 高国晴国通政(輝政)
通薫
猶子:通政(輝政)
テンプレートを表示

細川 晴国(ほそかわ はるくに)は、戦国時代武将細川政春の子。細川野州家5代当主。

略歴[編集]

管領細川高国の実弟である。兄・高国が本家の京兆家を継いだ当時、父の政春には高国以外に男子がおらずその後継が問題になっていた[2]が、永正13年(1516年)8月になって晴国が誕生した[3]ことで問題は解消された[1]。幼名は虎益[4](または虎増[5])。

3歳の時に父が病死し、30歳以上年長である兄の庇護を受ける。大永6年(1526年)に兄の養子である細川氏綱と同時に元服した。当時、11歳で将軍足利義晴への出仕もしていない晴国が元服をした背景には野州家(房州家)の家督の安定化を図ったものとみられている。晴国は実際の官途名として安房守を名乗っていないが、本来であれば将来的には政春の後継者として安房守を称していたと考えられる(細川稙国の没後、高国が晴国を養子にしなかった背景とも考えられている)[1]

享禄4年(1531年)に、高国が三好元長細川晴元らの攻撃を受けて戦死すると(大物崩れ)、晴国は高国派の摂津国丹波国における勢力に次期京兆家当主として擁立され、天文2年(1533年)5月に山城において挙兵し、細川晴元と戦った。始めは石山本願寺と結んだ晴国が優勢で、6月には晴元側の武将・薬師寺国長を敗死させる戦果を挙げたが、同年冬に晴元の要請を受けた法華一揆に攻められ敗北した。やがて石山本願寺と晴元が和睦を結んで劣勢となり、天文5年(1536年)8月29日、晴元と内通した三宅国村の裏切りにより、摂津天王寺で自害に追い込まれた。

細川一族内では晴国は野州家改め房州家を継ぐ立場と認識されており、房州家よりも格上とされていた典厩家から高国の養子となっていた氏綱には晴国が高国の後継者を名乗ることに異論があったとみられ、この挙兵には加わらなかった。また、氏綱が後に晴元に対して挙兵した時に、氏綱陣営に加わった三宅国村が過去の経緯を問われなかったのも氏綱と晴国の微妙な関係によるものと考えられている[1]

死後、野州家の家督は猶子である弟の通政が継承したが、通政とその後継の通薫(晴国の実子)は備中の国人領主の立場に甘んじるに留まった[6]。畿内における晴元との抗争は高国の養子を称する細川氏綱によって引き継がれることになる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 馬部隆弘「細川晴国・氏綱の出自と関係-「長府細川系図」の史料批判を兼ねて-」(初出:天野忠幸 他編『戦国・織豊期の西国社会』(日本史史料研究会、2012年)/所収:馬部『戦国期細川権力の研究』(吉川弘文館、2018年) ISBN 978-4-642-02950-6) 2018年、P516-518.
  2. ^ なお、政春には既に養子に迎えた者がおり、晴国の誕生後に東漸寺に入寺して出家しているが、後に晴国とともに自害に追い込まれている(馬部、2018年、P516-517.)。
  3. ^ 『後法成寺関白記』永正13年8月29日条に「房州家督誕生」とあり、房州(政春)の男子が生まれた事が判明する。
  4. ^ 「見桃録」(『大日本史料』永正15年正月9日条)
  5. ^ 『実隆公記』大永3年12月8・16日条
  6. ^ 馬部隆弘は通政の年齢が史料で裏付けできる政春・晴国の事績と合わないことや、政春以降に野州家が房州家と呼ばれるようになっていたのに通薫が安房守の官途を継承していないことから通政は架空の人物で、晴国の没後に傍流から養子に迎えられたのが通薫であるとする説を立てている(馬部、2018年、P519-528.)。

関連項目[編集]