細川満国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細川 満国(ほそかわ みつくに、生没年不詳)は、室町時代前期の人物。細川京兆家の出身で、父は幕府管領細川頼元。母は赤松氏。下野守。備中守護大名細川野州家の祖。兄の細川満元と同様、将軍・足利義満より偏諱を受けて満国と名乗る。

備中国浅口郡伊予国宇摩郡のほか、摂津国丹波国にも領地を持っていた。特に備中国には勢力を扶植し、応永14年(1407年)に鴨山城を築城し基盤を築いた。しかし、それ以外の所領では国人との関係がうまくいかなかったらしく、子の持春の代になるとさらに悪化することになる。

野州家系図[編集]

細川氏の項にある系図は非常に巨大で、諸家入り混じり、養子関係などの複雑さから把握しにくいところがある。

そこで参考までに野州家の系図を別途作成した。また理解の助けとする為に京兆家典厩家の系図も添えている。野州家の当主となった人物は太字で表記し、他家へ養子入りした(家督となったも含む)、あるいは他家から入った人物は名前の下に斜体で記している。

斜体の下に書かれた ( ) は入った先である。また〈 〉は特記事項となる。基本的に年齢が高い程に左に寄せているが、満元・満国のように一部該当しないかもしれないところもある。

   頼元
    ┃                           【京兆家】
    ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
   '満国'                           満元
 〈野州家初代〉                        ┃
    ┃                            ┣━━┳━━━━━━━━┓
   持春                           持元 持之          持賢
    ┃                                 ┃        〈典厩家初代〉
    ┣━━┳━━┓                        ┣━━┓       ┣━━┓
   教春 政国  賢春                       勝元 成賢      成賢 政国 
    ┃ (典厩家)                          ┃ (典厩家)         ┃ 
    ┣━━┳━━━━━━━━━┓              ┣━━┓            ┃
   勝之  政春           春倶             勝之 政元           政賢
  (京兆家) ┃         (細川賢春)                ┃            ┃
         ┣━━┳━━┓    ┣━━┓          ┏━━╋━━┓       ┣━━┓
        高国 晴国 通政    尹賢 高基        高国 澄之 澄元       澄賢 尹賢
      (京兆家) ┃〈のち輝政〉(典厩家)           ┃       ┃        ┃   ┃
              ┃  ┃                     ┣━━┓  ┃        ┃   ┣━━┓
             通薫 通薫                    稙国 氏綱 晴元      晴賢 氏綱 藤賢
         (細川通政) ┃                             ┃         (細川高国)
                  ┃                             ┃
                 元通                           昭元(信良)
               〈浅口に改姓〉

 注:京兆家政元の養子である澄之五摂家九条政基の子。澄元細川阿波守護家義春の子。

 主要参考文献
 古野貢「庶流守護による分国支配構造」『中世後期細川氏の権力構造』(吉川弘文館、2008年)