伊勢津彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

伊勢津彦(いせつひこ)は、『伊勢国風土記逸文内に記述される国津神風の神。元の名を出雲建子(イズモタケコの)、またの名を櫛玉(クシタマの)というが、逸文一説内の記述である(国号由来とは別の地名由来が語られている)ため、本項では国号由来となった「伊勢津彦」の神名で統一する(#系譜と別伝も参照)。大和系統の柱ではなく、出雲系統に属する柱である(後述)。

伊勢国号由来となった神名[編集]

風土記逸文によれば、伊勢津彦命は大和天津神に国土を渡すよう要求され、断っていたものの、最終的に追われ、のちに天皇詔りによって国津神の神名を取って、伊勢国としたと記述される(後世の加筆で、追われた後、別の地の神社で祀られると記述される)。逸文の一説では、別の地名由来が記述されている(後述の#系譜を参照)。

系譜と別伝[編集]

逸文内一説の記述によれば、出雲の神(大国主命)の子である出雲建子命の別名が「伊勢津彦」であり、またの名を「櫛玉命」というと記しており、「伊勢」の由来についても、国号由来とは異なる記述が成されている。

それによれば、命は伊賀国穴石神社(現三重県阿山郡)に石をもって(キ)を造っていたが、阿倍志彦(アヘシヒコ)の神(『延喜式神名帳』内の伊賀国阿倍郡敢国神=アヘノクニツカミ(敢国神社祭神伊賀国の式内社一覧も参照。)と見られる)が城を奪いに来るも、勝てずして帰ったため、それに(石城=イシキ、またはイワキの音が訛って)由来して「伊勢」という名が生まれたと記す。

建比良鳥命の子とする系譜があるが、これは保身のために天神系の系譜を名乗ったと思われる。また、播磨国風土記には伊和大神の子と伝える。

本居宣長古事記伝では伊勢津彦は建御名方の別名としている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]