伊賀国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊賀国造(いがのくにのみやつこ・いがこくぞう)は伊賀国を支配した国造

概要[編集]

祖先[編集]

息速別命垂仁天皇の皇子。病弱だったため皇位継承者から外され、伊賀国に宮室を造って住んだという。允恭朝に4世孫の須珍都斗王が阿保姓を与えられた。

氏族[編集]

阿保氏。一時、建部(健部)氏。雄略朝の意保賀斯が武芸に秀でていたため武部(健部)と改姓するが、延暦3年(784年)に人上が阿保朝臣を賜り、同族が阿保公となった。近江国小槻氏貞観年間に改姓するが、こちらは息速別命の異母兄弟の落別命の末裔。

本拠[編集]

伊賀国伊賀郡阿保村。現在の三重県伊賀市(旧青山町)

氏神[編集]

不明。阿保には式内社大村神社がある。

子孫[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本古代人名辭典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)