内田正容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
内田正容
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 寛政12年8月13日1800年10月1日
死没 明治3年1月27日1870年2月27日
改名 貞吉(幼名)→正容
別名 石川豊録
墓所 東京都台東区蔵前の竜宝寺
官位 従五位下、伊勢
幕府 江戸幕府
下総小見川藩
氏族 石河氏内田氏
父母 父:石河貞通、養父:内田正肥
正室:多鶴姫堀田正時の養女、堀田正功の娘)
継室:松平宗允の娘
正道正徳正縄、2女

内田 正容(うちだ まさかた)は、江戸時代後期の大名下総小見川藩の第6代藩主。小見川藩内田家9代。

生涯[編集]

寛政12年(1800年)8月13日、大身旗本で留守居役を務めた石河貞通伊東長丘の五男)の三男として生まれる。文化13年(1816年)、第5代藩主・正肥が早世したため、その養子として跡を継いだ。同年12月に叙任する。和田倉門番、馬場先門番、半蔵門番、竹橋門番、田安門番、日光祭祀奉行などを歴任した。しかし、天保8年(1837年)8月14日、遊郭に行ったり、屋敷に芸者を招くといった不行跡が理由で幕命により長男の正道に家督を強制的に譲らされて隠居となった。青山にあった江戸上屋敷も収公された。その後は三人の息子が相次いで早世する不幸の中で、明治3年(1870年)1月27日に死去。享年71。

逸話[編集]

大名でありながら刺青を施していたと言われる。