源多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源多
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 天長8年(831年
死没 仁和4年10月17日888年11月24日
官位 正二位右大臣左近衛大将従一位
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇光孝天皇宇多天皇
氏族 仁明源氏
父母 父:仁明天皇、母:百済王豊俊娘
兄弟 道康親王宗康親王時康親王
人康親王本康親王
国康親王常康親王貞登成康親王、新子内親王、親子内親王、
平子内親王、柔子内親王、眞子内親王、重子内親王、久子内親王、時子内親王高子内親王
淵、、任、、清
テンプレートを表示

源 多(みなもと の まさる)は、平安時代初期から前期にかけての公卿仁明天皇の皇子(仁明第一源氏)。官位正二位右大臣左近衛大将従一位

経歴[編集]

一般に仁明天皇第一源氏とされており、多の兄弟で源姓を賜与され臣籍降下した者たちを仁明源氏と称す。

承和2年(835年源朝臣の姓を賜与された。嘉祥2年(849年無位から従四位下直叙され、翌嘉祥3年(850年阿波守に任ぜられたが、同年4月に父・仁明天皇と共に出家した。間もなく還俗したらしく、仁寿2年(852年)正月に阿波守に再任され、次いで宮内卿に転じて、美作守備中守を兼任した。

仁寿4年(854年)24歳で参議に任ぜられる。議政官として宮内卿・左兵衛督左衛門督を歴任した。天安2年(858年清和天皇の即位に伴って正四位下に叙せられる。貞観8年(866年従三位、貞観12年(870年中納言、貞観14年(872年大納言、貞観17年(875年正三位清和朝中盤以降は順調に昇進し、貞観19年(877年)には左近衛大将も兼ねた。

元慶3年(879年従二位、元慶6年(882年右大臣に叙任され、同年職封半減を上表して許された。大納言昇進後の陽成天皇光孝天皇治世下において、上席の左大臣源融を凌ぐ権勢を持ち、上卿として多くの官符を奉勅宣布している。仁和3年(887年正二位に叙位されたが、翌仁和4年(888年)10月17日に病気により薨御。死の直前の顔色は土色で吐血して気絶し、そのまま没したという[1]。享年58。最終官位は正二位右大臣兼左近衛大将。没後従一位追贈された。

逸話[編集]

  • 仁和年中に深紅色の衣服の着用が禁じられていたにも関わらず、右大臣の多は深紅の襖子(あおし)を着用し、検非違使小野道風に裂き取られたことがあったと伝わる。
  • 学者として、また漢詩人としても名高かった島田忠臣菅原道真の舅にして師)と交流があり、元慶7年(883年)春に忠臣が美濃介として地方官に任じられ、健康に優れない状態[2]を押して任地の美濃国に赴いた際、右大臣であった多は忠臣に対し馬を贈っている[3]

官歴[編集]

注記のないものは『六国史』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『朝日日本歴史人物事典』
  2. ^ 『田氏家集』105
  3. ^ 『田氏家集』107
  4. ^ a b c d 『公卿補任』
  5. ^ 『日本紀略』
  6. ^ 栗原信充考訂『百済王三松氏系図』

出典[編集]

  • 武田祐吉佐藤謙三訳『読み下し 日本三代実録』(上下巻)、戎光祥出版、2009年
  • 『公卿補任 第一篇』(吉川弘文館、1982年)
  • 『尊卑分脈 第三篇』(吉川弘文館、1987年)
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』(古代氏族研究会、1986年)
  • 『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社、1994年