籠谷政高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
籠谷政高
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
官位 伊勢守
主君 宇都宮国綱
氏族 籠谷氏

籠谷 政高(こもりや まさたか)は、安土桃山時代武将下野宇都宮氏の家臣。下野国籠谷城主。

略歴[編集]

天正年間に籠谷城を築城し城主となった。

天正18年(1590年)、小田原征伐に参加。功を挙げ1160石加増される。同年、籠谷村[1]の草庵に伽藍[2]を建立。その際に天台宗に改宗させた。

天正20年(1592年)、宇都宮国綱芳賀高武らと共に朝鮮出兵に同行した。

脚注[編集]

  1. ^ 現・真岡市下籠谷。
  2. ^ 現・無量寿寺