大岳院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大岳院
Daigakuin Kurayoshi07nt3200.jpg
所在地 鳥取県倉吉市東町422
位置 北緯35度25分55.42秒
東経133度49分39.24秒
山号 萬祥山
宗派 曹洞宗
本尊 釈迦牟尼佛
創建年 慶長10年(1605年
開基 中村彦左衛門一栄
札所等 伯耆三十三観音霊場第31番
文化財 三彩稜花刻花文盤(県指定)
法人番号 8270005004359
テンプレートを表示
鐘楼門
駒姫八幡
大江磐代君御母堂おりんの方霊廟
里見忠義と八賢士の墓

大岳院(だいがくいん)とは、鳥取県倉吉市にある曹洞宗仏教寺院。本尊は釈迦牟尼佛有栖川宮御祈願所。江戸時代初期にこの地で没した里見忠義と8人の家臣(八賢士)の墓がある。

歴史[編集]

前史[編集]

伯耆民諺記』によれば、戦国時代天正の頃、現在の大岳院の敷地には南条氏家臣・山名氏豊(伯耆守護山名氏の一族)の館が存在したという。倉吉市の発掘調査では、氏豊の時代とずれるものの、室町時代ごろと思われる富裕層の屋敷跡が発見されており、山名氏守護所跡との指摘もある。

中村栄忠による創建[編集]

大岳院は慶長10年(1605年)、米子藩重臣で打吹城(倉吉城)主の中村栄忠により、父・中村一栄(1604年没)の菩提寺として現在地に創建された。中村一栄は、豊臣政権三中老で駿府城主であった中村一氏の弟で、駿河時代には沼津城(三枚橋城)を預かっていた。慶長5年(1600年)、一氏の子・中村一忠が米子に移されると、一栄は八橋城主となった。

父の後を継いだ栄忠は拠点を倉吉に移し、このため本寺も当地に創建されることになった。山号と院号は一栄の法名「萬祥寺殿大岳周碵大居士」に因んでいる。開基には一栄を据え、一栄の実兄である孝山智順を開山とした。しかし、中村氏は1609年に改易された。

里見忠義と八賢士[編集]

慶長19年(1614年)、安房国館山藩主・里見忠義大久保忠隣失脚に連座し、倉吉藩に移封された。実質的には流罪ともいわれ、忠義は打吹城に入ることはなく大岳院門前の神坂村に居住した。大岳院には里見忠義が寄進した「三彩稜花刻花文盤」が寺宝として現存する。忠義はそののち堀村(現・関金町)に移り、元和8年(1622年)に没した。戒名は「雲晴院殿心叟賢涼大居士」。忠義は遺言により大岳院に葬られた。

忠義の葬儀ののち、8人の近臣が殉死した(人数には異説もある[1])。大岳院の過去帳には8人の殉死者の戒名が記されているが、主君の戒名にも含まれる「心」と「賢」の字が共通して入っており、とくに「賢」の字に着目して「八賢士」と呼ばれている。このことから曲亭馬琴読本南総里見八犬伝』の「八犬士」のモデルではないかという解釈がある。大岳院には忠義と八賢士の墓があるほか、忠義の叔父である正木時茂(正木大膳)や、家老堀江能登守の墓所もある。

大江磐代[編集]

大岳院の檀中からは、第119代光格天皇の生母・大江磐代(おおえ・いわしろ、1744年 - 1813年)が出た。倉吉で生まれた磐代は、父とともに京に上り、閑院宮典仁親王の女房となった女性である。大岳院には大江磐代(尊称して大江磐代君)の母「りん」の霊廟がある。なお、倉吉市内には大江磐代君を祀った大江神社がある。

大岳院は有栖川宮祈願所となり、有栖川宮織仁親王韶仁親王の位牌が祀られている。

境内[編集]

  • 本堂
現在の本堂は1995年に改築された。
  • 駒姫八幡 - 山名氏豊と娘・駒姫を祀る。「駒姫」の娘が、大江磐代君御母堂「おりんの方」といわれる。駒姫八幡の右隣がおりんの方の墓で、並んでいる。
  • 鐘楼門
  • 山門
  • 観音堂
  • 寺務所
  • 大江磐代君御母堂おりんの方霊廟
  • 有栖川宮織仁親王尊牌
  • 有栖川宮韶仁親王尊牌
  • 里見忠義と八賢士の墓
  • 正木大膳の墓

文化財[編集]

行事・祭事[編集]

  • 倉吉里見時代行列 - 9月第一日曜日開催。道順は、大岳院⇒桑田醤油⇒高田酒造⇒豊田家住宅

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 八賢士特集 - 鳥取県ちゅうぶ観光ナビ

外部リンク[編集]