東林院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東林院(とうりんいん)は京都市右京区花園妙心寺町にある臨済宗妙心寺塔頭の一つ。樹齢300年の沙羅双樹の銘木で知られる。通称は沙羅双樹の寺

歴史[編集]

享禄4年(1531年)、室町幕府の最後の管領 ・ 細川氏綱(1514年-1564年)が、養父・細川高国(三友院殿)の菩提を弔うために建立した、「三友院」が起源。上京清蔵口の細川家邸宅(現在の京都市上京区)内にあった。

弘治2年(1556年)、細川高国の孫である山名豊国(母が室町幕府管領細川高国の娘)が開基となり、寺基を妙心寺山内に移して再興した。開山は細川高国の猶子・妙心寺第51世直指宗諤(じきしそうがく)。 寺名を「東林院」と改名。以来、細川氏菩提寺から、山名氏の菩提寺になった。

寛永3年(1626年)山名豊国が亡くなり、山名豊義 の子竺翁(豊国の孫)が、住職となり豊国の菩提を弔った。

天保3年(1832年)、諸堂宇(どうう)が大破したが、その後山名家(山名義蕃)によって本堂、庫裏が再建された。


精進料理[編集]

現住職の西川玄房精進料理研究家として著名であり、現在は毎週火曜日に精進料理教室(要予約)を開いているほか、3名以上で予約すれば精進料理を食べることも可能である。

観光情報[編集]

基本的に非公開寺院であるが、毎年1月の「小豆粥で新春を祝う会」、6月の「沙羅の花を愛でる会」および10月の「梵燈のあかりに親しむ会」の時は特別拝観可能である。

宿泊情報[編集]

宿坊があり、宿泊を希望する場合は事前に往復はがきによる予約が必要である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]