得川義季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
得川義季/世良田義季
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代中期
生誕 不明
死没 寛元4年12月15日1247年1月23日[1]
改名 頼王御前(幼名)→義季
別名 得川四郎、世良田義季、通称:二郎/四郎
氏族 清和源氏新田氏得川氏
父母 父:源義重
兄弟 里見義俊山名義範新田義兼義季額戸経義祥寿姫源義平正室)、
足利義清室、武田信光室、那須与一室?、得河義秀?
頼有世良田頼氏頼成?
テンプレートを表示

得川 義季/世良田 義季(とくがわ よしすえ/せらだ よしすえ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期頃にかけての武士御家人得川氏世良田氏の祖。のちに徳川家康によって、徳川氏松平氏の遠祖とみなされる。また名字の表記について「得川(徳川)」か「世良田」かで論争がある[2]

経歴[編集]

新田義重の四男として誕生。新田義兼の同母弟といい、新田一門でも地位はかなり高かったと言う。父・義重からは上野国新田郡新田荘世良田郷[3]を譲られ、世良田郷の地頭となった。これにより世良田と称したともいわれる。また、新田郡得川郷[4]を領有して[5]得川四郎を称したとされる(『群馬県百科事典』)。

義季の後は長子・頼有(下野四郎太郎)が得川郷を継承し、次子・世良田頼氏が世良田郷を継承した。『徳川実紀』にはもう一人頼成という子もいるとする。

承久3年(1221年)、栄西の弟子栄朝を住持に招いて世良田長楽寺を開基・建立した。

得河義秀との関連[編集]

通説では、鎌倉幕府の史書『吾妻鏡』にその名が見出される徳河三郎義秀(とくがわさぶろうよしひで)なる御家人と同一人物と見なされる[6]。義季の名は系図上にしかなく全く『吾妻鏡』に見えないため、系図上の「義季」は御家人としては「徳河義秀」だったのではと考える意見もある[7]。しかし、義季の兄・義兼よりも義秀は席次が先になっており、弟が兄より席次が逆になるのは変として、実は徳河三郎義秀と義季は別人ではないかとする説が存在する[8]

有栖川宮詐欺事件[編集]

有栖川宮詐欺事件の裁判において、「有栖川識仁」を僭称する被疑者男性の妻・有栖川宮妃を演じた被疑者女性が、『八百屋を営んでいる夫の実家は源義季(得川義季)の末裔である』旨を供述して話題になったが、そもそも主張していた高松宮のご落胤(非嫡出の隠し子)で江戸時代に創設された有栖川宮の末裔という主張と、源義季の末裔というのはなんら接点のない荒唐無稽な法螺話であるとして一笑に付された[9]

脚注[編集]

  1. ^ 「新田松平家譜」(『系図綜覧』所収)
  2. ^ 系譜に記載される「得川(徳川)義季」に従う意見と、「世良田地頭」と推定される義季は「世良田義季」と名乗ったと考える意見がある(定方晟「特別招待席 徳川義季か世良田義季か」『歴史研究』45(9)、2003年9月)。
  3. ^ 現在の群馬県太田市世良田町。徳川に北隣する地名である。
  4. ^ 現在の太田市徳川町。
  5. ^ 義季の得川郷領有に関しては、父・義重やその妻である母親からの譲渡を示す史料は存在しない。父親からの伝領は押切・世良田・三木・上平塚・下平塚であった。 また、新田荘の成立過程で『得川郷』なる地名は存在せず、義季の開発によって出現した可能性が高い。
  6. ^ 『群馬県史』、久保田順一『新田一族の盛衰』など。
  7. ^ 久保田順一『中世前期上野の地域社会』岩田書院、2009年
  8. ^ 加藤克巳「「徳河義秀」の素性-新田義季の所領拡大過程を考える」『群馬文化』232、1992年清水昇『消された一族』1990年
  9. ^ 有栖川宮の祭祀を継承した高松宮宣仁親王の妃喜久子が源義季の末裔という徳川氏出身である点に着目して捏造したと思われる

参考文献[編集]