足利義長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
足利義長
時代 平安時代末期
生誕 不明
死没 寿永2年10月1日1183年11月17日
別名 義良
官位 蔵人
主君 上西門院源義仲
氏族 河内源氏義国足利氏
父母 父:源(足利)義康
兄弟 源義清義長義兼義房

足利 義長(あしかが よしなが)は、平安時代末期の武将足利氏初代・足利義康の子。上西門院蔵人

父・義康から継承した下野国足利荘に拠った異母弟・義兼とは異なり、義長は同母兄の義清と共に京において活動、上西門院に仕えた。

その後義清と共に源義仲の麾下に参加。寿永2年(1183年)の水島の戦いにおいても義仲軍の総大将を務める義清に従い出陣し、伊勢平氏と対峙する。しかし船戦を得意とする平家方の前に義仲軍は大敗を喫し、義清や海野幸広らと共に、義長も壮絶な戦死を遂げた。