桃井氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

桃井氏(もものいうじ)は、日本の氏族。清和源氏足利氏の支族で、足利義兼の子である兵部少輔桃井義助嘉元元年(1225年)に上野国群馬郡桃井郷(現在の群馬県北群馬郡榛東村、旧名・桃井村)の荘司(地頭補任は不詳)となり、苗字の地とし桃井氏を称した[1][2][3]。 

桃井氏
家紋
 五七桐 
本姓 清和源氏河内源氏
義家流
家祖 桃井義胤
種別 武家
出身地 上野国群馬郡桃井庄
主な根拠地 越前国
越中国
武蔵国
上野国
著名な人物 桃井直常
桃井直信
桃井尚義
桃井直弘
桃井貞職
桃井義盛
桃井憲義
桃井義孝
桃井義郷
支流、分家 幸若氏
橋本氏
温井氏
大河内氏
牧村氏
湯浅氏
金子氏
篠原氏
浅見氏
阿久沢氏
奥沢氏
福本氏
巻島氏
凡例 / Category:日本の氏族

二つの桃井氏[編集]

平安後期、上野国群馬郡桃井郷を在地領主化した物射系桃井氏(物部氏)が支配したが、鎌倉初期、和田合戦承久の乱で没落し、足利系の桃井氏が中期以降、桃井郷を中心に勢力を伸ばした。この桃井氏は、当村東部の山子田御掘の居館に至って地内を流れる午王頭川水系を掌握する一方、山野と耕地との境界に長大なシシドテを築いて勧農に努めた。

概要[編集]

桃井氏は足利庶家であり[4]鎌倉時代には御家人として桃井庄に住し、義助の曾孫の代に至り、三郎桃井胤氏系(子孫は桃井尚義)、小二郎桃井頼直系(子孫は桃井直常桃井直信兄弟)の2系統に分かれた[1][2]

鎌倉時代末期[編集]

鎌倉時代末の動乱では六波羅探題攻めの足利尊氏軍に桃井直常桃井直信兄弟、鎌倉攻めの新田義貞軍に桃井尚義が属して行動をともにしたのが、一族では最も著名である。そうして鎌倉幕府滅亡に貢献した。

南北朝動乱期[編集]

南北朝期での一族は南朝方・北朝方に別れて戦った。 1333年(正慶2年)には、桃井一族は新田義貞の鎌倉攻略戦に従軍したが、建武の新政崩壊後、 武家方と宮方双方に分裂して南北朝動乱期を迎えた。 特に武家方の桃井直常、直信兄弟は驍将として名を馳せた。 越中国守護ともなった直常だったが、観応の擾乱時から足利直義直冬勢の有力武将として常に尊氏に敵対していた為、直義敗北後は北朝・幕府に抵抗を続けつつも次第に衰退していった[1]

一族[編集]

室町時代にかけて諸国に分かれた桃井氏があった。本拠地である上野国や所領のあった越前国武蔵国越中国信濃国越後国美濃国隠岐国紀伊国などに広がった。 福井県幸若氏橋本氏蜂屋氏群馬県榛東村湯浅氏前橋市阿久沢氏奥沢氏埼玉県戸田市金子氏篠氏幸手市巻島氏という。 能登国守護畠山氏家臣の温井氏、なお能登国温井氏は、桃井直信 の嫡男景信が(藤原姓)温井景直に迎えられ桃井氏から姓を改めたもの、という。

著名人[編集]

室町期、幸若舞の創始した幸若氏の祖となった桃井直詮は直常の孫に当たるという。幕末に活躍した橋本左内を輩出した橋本氏がある。

戦国時代織田信長が自刃した本能寺の変で有名な本能寺開山した日隆上人がいる。 戦国時代の武将で越後上杉家臣の桃井義孝も末裔と見られる。 また幕末、明治期して活躍した 思想家の桃井可堂(はじめは福本姓)、剣術家の桃井春蔵秋山多吉郎がいる。

系図[編集]

足利義兼2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[畠山氏初代]
畠山太郎義純
[桃井氏初代]
桃井次郎義助
足利三郎義氏3
 
 
 
 
義胤(足利四郎)
 
 
 
 
頼氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[三郎系初代]
胤氏
[小二郎系初代]
頼直
 
 
 
 
 
 
[数代略][数代略]
 
 
 
 
 
 
尚義貞頼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直常直信
 
 
 
 
直和

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「桃井氏」『世界大百科事典平凡社
  2. ^ a b 「桃井氏」『日本大百科全書小学館
  3. ^ 「桃井氏」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』
  4. ^ 続新田一門史 1976.

参考文献[編集]