喜連川義親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

喜連川 義親(きつれがわ よしちか、慶長4年(1599年) - 寛永4年7月3日1627年8月13日))は、下野喜連川藩の初代藩主・喜連川頼氏の長男。母は古河公方足利義氏の娘・氏姫。正室は松月院(榊原康政の養女・康政室花房氏の姪)。継室は養儼院。子は喜連川尊信(長男)。幼名は梅千代王丸。官位は河内守。

母である氏姫が喜連川に入ることを拒み、古河城郊外の鴻巣御所に居住し続けていたため、義親も母とともに暮らした。母の死後も喜連川に入ることなく、父に先立ち29歳で病死した。法号は天燾院義山英公。墓所は徳源院。代わって長男の尊信が嫡子となった。