広沢義実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
広沢義実
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 不明
死没 不明
別名 矢田義実、足利義実
官位 判官代
氏族 河内源氏義国流(足利氏
父母 父:源義清
兄弟 矢田義範[1]義実矢田義房
矢田義縁山名義範[2]室、里見義成
仁木実国細川義季戸賀崎(戸崎)義宗
テンプレートを表示

広沢 義実(ひろさわ よしざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。通称を広沢判官代といい、矢田義実、足利義実とも記される。仁木氏細川氏戸賀崎氏(戸崎氏)、荒川氏の祖。

略歴[編集]

河内源氏義国流。足利氏の一族源義清の次男。

広沢の姓から、上野国新田郡に接する山田郡広沢郷を所領としたものかと思われる。義実の祖父義康の兄は新田義重であるが、父義清の妻(義実の母?)も義重の娘で、また義重の子山名義範や孫里見義成の妻は義実の姉妹であり、新田氏との繋がりが深い。

足利宗家の義氏承久の乱の功で三河国守護に任ぜられると、義実の子息らは三河に進出する。長子実国額田郡仁木郷(現在の愛知県岡崎市仁木町周辺)に移り、子孫の仁木氏室町幕府草創期に足利宗家の尊氏に従って侍所頭人や数ヶ国の守護を務めた。次子義季は額田郡細川郷(同市細川町周辺)に住み、その子孫の細川氏もまた幕府創業に貢献し、嫡流の管領家他、守護家も数家あって繁栄した。

実国・義季の弟義宗幡豆郡戸賀崎郷(西尾市戸ケ崎町周辺)を拠点とした。その次子満氏は幡豆郡荒河郷(同市八ツ面町周辺)に入り、子孫の荒川氏は戦国末期まで京都の足利将軍家の奉公衆を務めた。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山名義範?
  2. ^ 足利義範、『尊卑分脈』足利氏の項では、義清の長男と記述されている。