桃井義助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桃井 義助(もものい よしすけ、生年不詳 - 承久3年6月12日1221年7月3日))は平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将足利義兼の次男。足利義純の異母弟、足利義氏の庶兄。通称を足利次郎といい、足利義助とも表記する。官位は左兵衛尉

父同様に鎌倉幕府に仕える。承久3年に勃発した承久の乱において幕府方の将として出陣し、宇治川における幕府軍と朝廷軍の会戦の際、6月12日に戦死を遂げた[1]。または6月15日とも伝わる[2]

上野国群馬郡桃井郷(群馬県榛東村大字山子田字御堀)に桃井城を築き、桃井を名乗ったとされる。義助の死後、その遺児である義胤は正式に桃井郷の地頭となり、桃井を苗字とした。子孫は桃井氏として存続し、足利一門の一家として室町幕府の草創に参加した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『尊卑分脈』〈清和源氏義家流〉
  2. ^ 『鑁阿寺新田足利両家系図』