足利義胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

足利 義胤または桃井 義胤(あしかが よしたね、またはもものい よしたね、生没年不詳)は、平安時代末期から鎌倉時代前期の武将。通称を足利四郎、桃井近江守。官位は左兵衛尉右馬介兵部大輔鎌倉幕府の御家人[1]

河内源氏義国流足利氏の支族で、『尊卑分脈』によると、父は足利義助、養父に足利義兼(祖父)、母は不詳[2][3][4][5]。子に桃井頼氏桃井頼直篠原光胤[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『系図纂要』〈第10 清和源氏〉
  2. ^ 『下野足利氏』p136。
  3. ^ 「桃井氏」『世界大百科事典平凡社
  4. ^ 「桃井氏」『日本大百科全書小学館
  5. ^ 「桃井氏」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』

参考文献[編集]

  • 岩沢愿彦「12桃井氏」 『系図纂要』〈第10 清和源氏〉、名著出版、1976年。
  • 『下野足利氏』 田中大喜、戎光祥出版〈中世関東武士の研究〉、2013年1月。ISBN 978-4-86403-070-0