足利義胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

足利 義胤または桃井 義胤(あしかが よしたね、もものい よしたね、生没年不詳)は、平安時代末期から鎌倉時代前期、中期の武士。鎌倉幕府の御家人[1]。初め通称を足利四郎と称し、のち桃井近江守と称した。官位は従五位下左兵衛尉右馬介兵部大輔[1]。父は桃井義助

生涯[編集]

清和源氏足利氏桃井氏の祖。河内源氏義国流足利氏の支族で、『尊卑分脈』によると、父は足利義助、養父に足利義兼(祖父)、母は不詳[2][3][4][5]。承久の乱で父桃井義助を失うが、その後桃井郷(榛東村)に所職を与えられ、入部して名字の地とする。子に桃井頼氏桃井頼直篠原光胤[1]。南北朝期に活躍した桃井氏は義胤の後裔。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『系図纂要』〈第10 清和源氏〉
  2. ^ 『下野足利氏』p136。
  3. ^ 「桃井氏」『世界大百科事典平凡社
  4. ^ 「桃井氏」『日本大百科全書小学館
  5. ^ 「桃井氏」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』

参考文献[編集]

発行者『群馬県姓氏家系大辞典 』角川書店 平成六年 第一部 歴史人物編300頁参照。