足利郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栃木県足利郡の範囲

足利郡(あしかがぐん)は、栃木県下野国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

1896年(明治29年)の郡再編後に、足利市の残部のうち荒金町・藤本町・新宿町・里矢場町・南大町を除く区域が当郡の所属となっている。

歴史[編集]

近代以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。幕府領は真岡代官所が管轄。●は村内に寺社領が存在。(45村)
知行 村数 村名
幕府領 幕府領 1村 ●高橋村
旗本領 25村 ●下菱村、大前村、今福村、江川村、●月谷村、●名草村、利保村、●樺崎村、大月村、岩井村、勧農村、北猿田村、●山川村、常見村、八椚村、鵤木村、迫間村、稲岡村、駒場村、●西場村、寺岡村、多田木村、村上村、●上羽田村、下羽田村
幕府領・旗本領 2村 葉鹿村、大沼田村
藩領 下野足利藩 3村 ●大岩村、●五箇村、足利新田[1]、北下町(五箇村のうち)
河内丹南藩 2村 ●板倉村、五十部村
下総古河藩 1村 奥戸村
幕府領・藩領 旗本領・足利藩 5村 小友村、●粟谷村、●松田村、山下村、田島村
旗本領・丹南藩 2村 菅田村、助戸村
旗本領・古河藩 1村 川崎村
旗本領・上野前橋藩 1村 上菱村
旗本領・美濃高富藩 1村 大久保村
旗本領・足利藩・前橋藩 1村 小俣村

町村制以降の沿革[編集]

1.足利町 2.毛野村 3.富田村 4吾妻村 5.北郷村 6.坂西村 7.三和村 8.小俣村 9.菱村 11.梁田村 12.久野村 13.御厨村 14.筑波村 15.山辺村 (紫:足利市 桃:佐野市 橙:群馬県桐生市)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は現・足利市。(1町8村)
    • 足利町 ← 足利町、助戸村
    • 毛野村 ← 山川村、勧農村、常見村、岩井村、北猿田村、大久保村、大沼田村、八椚村、川崎村、鵤木村
    • 富田村 ← 迫間村、奥戸村、駒場村、西場村、稲岡村、多田木村、寺岡村
    • 吾妻村 ← 村上村、上羽田村、下羽田村、高橋村(現佐野市)
    • 北郷村 ← 菅田村、利保村、江川村、田島村、樺崎村、大月村、月谷村、名草村
    • 坂西村 ← 山下村、五十部村、今福村、大岩村、大前村
    • 三和村 ← 松田村、粟谷村、板倉村
    • 小俣村 ← 小俣村、葉鹿村
    • 菱村 ← 黒川村、上菱村(現群馬県桐生市)
    • 足尾村は上都賀郡足尾町となる。
  • 1893年(明治26年)
    • 3月1日 - 坂西村が廃止され、一部(大字五十部・今福・大岩)に三重村、残部(大字山下・大前)に山前村が発足。(1町9村)
    • 6月1日 - 小俣村の一部(大字葉鹿)が分立して葉鹿村が発足。(1町10村)
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 足利郡・梁田郡の区域をもって、改めて足利郡を設置。梁田郡5村(梁田村久野村御厨村筑波村山辺村)の所属郡が当郡に変更。(1町15村)
  • 1897年(明治30年)7月1日 - 郡制を施行。
  • 1921年大正10年)
    • 1月1日 - 足利町が市制施行して足利市となり、郡より離脱。(15村)
    • 4月1日 - 御厨村が町制施行して御厨町となる。(1町14村)
  • 1922年(大正11年)4月1日 - 北郷村の一部(大字名草)が分立して名草村が発足。(1町15村)
  • 1923年(大正12年)
    • 1月1日(3町13村)
      • 小俣村が町制施行して小俣町となる。
      • 葉鹿村が町制施行して葉鹿町となる。
    • 4月1日 - 郡制廃止にともない郡会が廃止。残務処理のため郡役所は存続。
  • 1926年(大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 1938年昭和13年)4月1日 - 山辺村が町制施行して山辺町となる。(4町12村)
  • 1942年(昭和17年}7月1日 - 足利市に設置された足利地方事務所の管轄となる。
  • 1951年(昭和26年)3月30日 - 毛野村が足利市に編入。(4町11村)
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 山辺町が足利市に編入。(3町11村)
  • 1954年(昭和29年)
    • 8月1日 - 三重村・山前村が足利市に編入。(3町9村)
    • 11月1日 - 北郷村・名草村が足利市に編入。(3町7村)
  • 1955年(昭和30年)
    • 1月1日 - 吾妻村が佐野市に編入。(3町6村)
    • 3月31日(2町2村)
      • 小俣町・葉鹿町・三和村が合併して坂西町が発足。
      • 御厨町・久野村・筑波村・梁田村が合併し、改めて御厨町が発足。
  • 1959年(昭和34年)
    • 1月1日 - 菱村が群馬県桐生市に編入(越境合併)。(2町1村)
    • 4月1日 - 富田村が足利市に編入。(2町)
  • 1962年(昭和37年)10月1日 - 坂西町・御厨町が足利市に編入。同日足利郡消滅。栃木県内では1896年の郡の再編以来、初の郡消滅となった。

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任 退任 備考
1 明治11年(1878年)11月8日

変遷表[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 記載は新田村。