鍋島幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鍋島道太郎から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
鍋島幹

鍋島 幹(なべしま みき、1844年10月23日天保15年9月12日) - 1913年9月1日)は、幕末佐賀藩士明治期の官僚政治家元老院議官貴族院議員男爵。幼名・道太郎。は貞幹、のち幹に改めた。

経歴[編集]

肥前国佐賀八幡小路に佐賀藩士・伊東祐元の三男として生まれ、同藩士・鍋島藤蔭の養子となる。佐賀藩老、仮代官を務めた。

慶応4年6月1868年7-8月)、真岡知県事として新政府に出仕。1869年日光県知事に転任し、1871年12月、栃木県が設置され初代県令に就任した。1881年6月、元老院議官となる。その後、青森県知事を経て、1889年12月、広島県知事に就任し、日清戦争の態勢整備に努めた。

1895年10月、男爵を叙爵。1896年9月11日、貴族院勅撰議員に任じられ[1]、死去するまで在任した。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3964号、明治29年9月12日。
  2. ^ 『官報』第1476号「叙任及辞令」1888年6月2日。
  3. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  4. ^ 『官報』第2207号「叙任及辞令」1890年11月6日。
  5. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  6. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  7. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』下巻、277-278頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『日本の歴代知事』第3巻上、歴代知事編纂会、1982年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
鍋島(幹)家初代
1895年 - 1913年
次代:
鍋島陸郎