梁田郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栃木県梁田郡の範囲

梁田郡(やなだぐん)は、栃木県下野国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

歴史[編集]

近代以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。幕府領は真岡代官所が管轄。●は村内に寺社領が存在。(29村)
知行 村数 村名
幕府領 旗本領 18村 野田村、茂木村、高松村、窪田村、梁田村[1]、塩島村、南猿田村、羽刈村、島田村、堀込村、南友之郷、北友之郷、中里村、和泉村、八木宿村[2]、上渋垂村、●八幡村、借宿村
藩領 美濃高富藩 4村 荒萩村、小生川村、県村、百頭村
幕府領・藩領 旗本領・下野足利藩・高富藩 2村 小曽根村、田中村
旗本領・足利藩 1村 加子村
旗本領・下総古河藩 3村 下渋垂村、神明村、朝倉村
旗本領・土佐高知新田藩 1村 日向村
  • 明治初年 - 領地替えにより田中村を除く全域が上野館林藩領となる。また、田中村の旗本領が足利藩領となる。
  • 1871年(明治4年)
  • 1874年(明治7年)(1町20村)
    • 日向村・荒萩村が合併して瑞穂野村となる。
    • 県村・百頭村が合併して高富村となる。
    • 南友之郷・北友之郷・中里村・和泉村・八木宿村が合併して福居町となる。
    • 茂木村が野田村に、加子村が窪田村にそれぞれ編入。
  • 1875年(明治8年) - 塩島村・小生川村・南猿田村・神明村が合併して福富村となる。(1町17村)
  • 1878年(明治11年)11月8日 - 郡区町村編制法の栃木県での施行により、行政区画としての梁田郡が発足。足利郡足利町に「足利梁田郡役所」が設置され、足利郡とともに管轄。
11.梁田村 12.久野村 13.御厨村 14.筑波村 15.山辺村 (紫:足利市。1 - 9は足利郡)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。全域が現足利市。(5村)
    • 梁田村 ← 梁田村、福富村、下渋垂村
    • 久野村 ← 窪田村、野田村、瑞穂野村
    • 御厨村 ← 福居町、島田村、上渋垂村、高富村の一部(旧百頭村)
    • 筑波村 ← 羽刈村、小曽根村、高松村、高富村の一部(旧県村)
    • 山辺村 ← 堀込村、借宿村、田中村、朝倉村、八幡村
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 足利郡・梁田郡の区域をもって、改めて足利郡を設置。同日梁田郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 記載は梁田宿。
  2. ^ 記載は八木宿

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
足利郡