足利荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足利荘(あしかがのしょう)は、下野国足利郡栃木県足利市)にあった荘園。荘域は足利郡全域と安蘇郡の一部(赤見郷)。成立当初の田畑、約100町ずつからなる。『延喜式』には下野国足利駅、『和名類聚抄』では足利郡駅家郷と記されている。

概要[編集]

源義国源義家から伝えられた開発地を、安楽寿院(鳥羽上皇が建てた寺)に寄進八条院領)した事から足利荘が成立し、河内源氏重代の家人である藤原秀郷流の藤原姓足利氏が支配した。義国を祖とする源姓足利氏藤原姓足利氏は当初は競合関係には無く、常陸平氏との対抗上協力関係にあり、在京軍事貴族としての側面を有した源姓足利氏[1]預所職を、現地に根付いた藤原姓足利氏が下司職を有していたとみられる。その後、勅勘を受けた義国が足利に下り、近隣の新田荘簗田御厨の開発に両足利氏が乗り出すと、協力関係は次第に競合関係へと変化して対立を深めていく[2]仁安年間には平氏が領するが、源氏の源頼朝により藤姓足利俊綱が滅ぼされると、源姓足利氏が支配を確立して地頭職を歴任する。源義兼は出家後、自邸の一部に鑁阿寺を建立した。

足利尊氏室町幕府を樹立させると足利氏発祥の地として重要視されるが、足利から遠く離れた京都に幕府があったために、幕府の直接管理が不可能であったため、代わって鎌倉府が管理した。小山氏の乱で当時の下野国守護小山氏が一時滅亡すると、代わりに守護になった木戸法季[3]守護所を小山から足利に一時移転させている。また、隣接する同じ足利氏の所領である簗田御厨(簗田郡)との区別が曖昧になり、同御厨も足利荘の一部とみなされるようになった。

上杉禅秀の乱をきっかけとして、応永24年(1417年)頃より幕府代官(管領被官)が足利荘に派遣されて鎌倉府の支配から切り離される[4]が、これに反発した鎌倉公方足利持氏は応永30年(1423年)には将軍足利義持には無断で幕府代官神保慶久神保氏)を京都に追い返して、足利荘を押領した[5][6]

その後、永享3年(1431年)に和議が成立するが、間もなく永享の乱が発生し、続く結城合戦享徳の乱を経て、最終的には関東管領上杉房顕が足利荘を管理することになり、代官として長尾景人が足利に派遣された。その後、山内上杉家足利長尾家による管理体制は戦国時代末期まで続いたが、天正12年(1584年)の北条氏による足利占領によって足利荘は終焉を迎えることになる。

年表[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 但し近年では、足利荘は源義家から源氏惣領である源為義源義朝源頼朝へと伝えられ、源姓足利氏が足利荘を支配するのは治承・寿永の乱後とする研究もある。(久保田順一『中世武士選書18 新田義重 北関東の治承・寿永内乱』戎光祥出版 2013年11月1日 ISBN 978-4-86403-094-6
  2. ^ 田中大喜「中世前期下野足利氏論」 田中編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第九巻 下野足利氏』(戒光祥出版、2013年)ISBN 978-4-86403-070-0
  3. ^ 足利持氏より1字を受け結城合戦で滅んだ木戸持季の祖父。野田氏と同族。
  4. ^ 「鑁阿寺文書」408号。
  5. ^ 看聞御記』応永30年11月28日条・『満済准后日記』応永31年7月23日条。
  6. ^ 江田郁夫「南北朝・室町時代の足利荘について」(『室町幕府東国支配の研究』(高志書店、2008年) ISBN 978-4-86215-050-9 第Ⅱ編付論三)

関連項目[編集]