池田政喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田 政喬
時代 江戸時代
生誕 元文4年3月7日1739年4月14日
死没 文化6年7月15日1809年8月25日
改名 幼名岑次郎、通称主税、成心斎
戒名 徳芳院前倉部郎孤室有隣大居士
墓所 天城海禅寺(倉敷市藤戸町天城)楫山墓所
幕府 江戸幕府
備前岡山藩
氏族 池田氏天城池田家
父母 父:池田継政、母:側室芳樹院、養父:池田政純
兄弟 宗政政喬
唯子(池田政純の娘)
政恒、政孝長興、和子(四辻公万室)、幸子(荒尾成尚室)、松子(池田義路室)、小弁(池田博教室)、濤子(養父政純嫡男政辰の娘・池田長玄室)、政真(政辰の長男)
テンプレートを表示

池田 政喬(いけだ まさたか)は、岡山藩家老天城池田家第7代当主。

生涯[編集]

元文4年(1739年)、岡山藩第4代藩主池田継政の子として岡山で生まれる。明和3年(1766年)、政純の養子として天城領3万石を相続、支藩当主並みの待遇を受ける。養父政純の嫡男であった政辰の遺児・政真を養子としていたが、安永7年(1778年)、20歳で早世した。寛政3年(1791年)、隠居して次男の政孝に家督を譲った。長男の政恒は別に5000石の知行を受け、藩の家老となっている。文化6年7月15日没。享年71。

人物[編集]

人柄は温和でつつしみ深く、親には孝を尽くし、兄の藩主宗政に対しては慎み敬い、家臣に対しては慈愛を持って接した。また、書画散楽茶の湯を好み、その技に秀でた文化人であった。岐阜県揖斐郡池田町龍徳寺所蔵の池田恒興像と池田元助像のは政喬のものである。

参考文献[編集]

  • 『岡山県人名辞書』