池田由成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田 由成
時代 江戸時代前期
生誕 慶長10年(1605年
死没 延宝4年1月8日1676年2月21日
改名 幼名竹松、通称主計、出羽
墓所 天城池田家墓所(岡山県倉敷市
幕府 江戸幕府
備前岡山藩
氏族 池田氏天城池田家
父母 池田由之即心院(万姫・阿波徳島藩蜂須賀家政の娘)
兄弟 由成、由英(蜂須賀玄寅)、忠義之政竹子津守国貞室)
正室:団氏
由貞由有由孝、千子(池田直長室)、百子(岡田元昌室)、夏子(池田信成室)、益子(栗津元房室)、熊子大石良昭室)
テンプレートを表示

池田 由成(いけだ よしなり)は、江戸時代初期の備前岡山藩池田氏の家臣。天城池田家2代当主。

生涯[編集]

慶長10年(1605年)池田家家老・池田由之の子として生まれる。元和元年(1615年幕府の証人として江戸に下向し、江戸城将軍徳川秀忠に拝謁する。元和4年(1618年)に父・由之が殺害されると、かわりに米子城3万2,000石と「出羽」の名を相続して、池田光政に家老として仕えた。

元和9年(1623年)7月、藩主光政が将軍・家光に従い上洛した際に供をする。寛永5年(1628年)、藩主・光政と大御所・秀忠の養女・勝子本多忠刻の娘)の婚礼の際に御礼使として江戸に下り、江戸城で将軍・家光に拝謁する。寛永9年(1632年)には藩主・光政が因幡鳥取藩から備前岡山藩へと移封されたので、由成も備前国下津井城主に転じた。その後、一国一城令でこの城が破却されたので、天城に陣屋を設けてそこに移った。慶安2年(1650年)、藩主・光政の娘・輝子一条教輔の婚礼のため上京する。

寛文8年(1668年7月1日隠居して三男の由孝に跡を譲った。門閥家老として津田永忠等と対立し、光政に疎まれ隠居を命じられたためである。その後は天城で余生を送る。延宝4年(1676年)1月8日に死去。享年72。墓所は天城池田家墓所(岡山県倉敷市)。

なお、赤穂藩家臣の大石良昭に嫁いだ娘の熊子は、赤穂事件で知られる大石良雄を生んだ。

参考文献[編集]

  • 『池田老臣累記』
  • 『備前家老略伝』
池田由成の墓