蜂須賀隆寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
蜂須賀隆寿
時代 江戸時代中期
生誕 元禄7年(1694年
死没 宝暦5年12月16日1756年1月17日
改名 万次郎(幼名)、豊龍(初名)、隆寿
官位 従五位下下総守
阿波富田藩世嗣
氏族 蜂須賀氏
父母 蜂須賀綱矩 :横山氏
養父蜂須賀隆長
兄弟 吉武隆寿宗員、蓮光院、小笠原忠貞正室、大久保忠興婚約者、安藤信尹婚約者ら
側室:吉成氏
重隆、千姫ら
テンプレートを表示

蜂須賀 隆寿(はちすか たかひろ)は、江戸時代中期の阿波国富田藩世嗣の世嗣。官位従五位下下総守

略歴[編集]

徳島藩の第5代藩主蜂須賀綱矩の3男として誕生。母は側室・横山氏。幼名は万次郎。初名は豊龍。

富田藩の第2代藩主・蜂須賀隆長の養子に迎えられ嫡子となるが、宝永6年(1709年)に病弱を理由に廃嫡された。代わって、実弟・宗員が嫡子となった。

宝暦5年(1755年)没。享年62。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 『蜂須賀家記』