ハチスカザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハチスカザクラ
Hachisuka-sakura.JPG
ハチスカザクラ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: サクラ属 Cerasus
和名
ハチスカザクラ(蜂須賀桜)
ハチスカザクラの花

ハチスカザクラ(蜂須賀桜)は、カンザクラ系のサクラの栽培品種。

沖縄系のカンヒザクラヤマザクラの一代自然交配雑種のカンザクラで、江戸時代まで徳島城御殿にあった。一部にはヤマトザクラ彼岸桜との交配種との誤記も見られる。蜂須賀の名称は、当時徳島藩を治めていた蜂須賀氏に由来する。廃藩置県に伴い最後の徳島藩主となった蜂須賀茂韶が、重臣で原田家(国の登録有形文化財)当主の原田一平に託したとされている。その花の可憐さから「乙女桜」とも呼ばれ、歴代藩主が「お留め石」に留まって鑑賞したことから「お留め桜」とも呼ばれていた。以後250年に亘って原田邸で育てられ、毎年3月に保存会によって一般公開されている。

サクラの代表とされるソメイヨシノに比べ、開花時期が非常に早いことが特徴で、2月下旬からおよそ1か月ほど淡い紅色の花を咲かせる。色はソメイヨシノより若干濃く、花びらの先に紅のサシが入るのが特徴である。花弁は5枚。また、1999年に徳島市内の育苗家が苗の育成に成功して以来、徳島県内に限らず、東京都大阪府長野県など日本国内および海外で栽培されている。徳島県内では原田家の母樹のほか、眉山などでも植樹されており、各地でその姿を見ることができる。

植樹先[編集]

ほかにもある。


外部リンク[編集]