木下利次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
木下利次
時代 江戸時代前期
生誕 慶長12年(1607年
死没 元禄2年1月19日1689年2月2日
改名 羽柴利次→木下利次
幕府 江戸幕府
氏族 豊臣姓羽柴氏木下氏
父母 父:木下利房、養母:高台院
兄弟 利当利次
正室:向井忠勝の養女
利値利紀、広外(久喜の甘棠院の僧)、崇達(芝の金地院の僧)、娘(筒井政勝室)、娘(新見正道室)、娘(春日義陣室)、娘(谷頼衡室)

木下 利次(きのした としつぐ)/ 羽柴 利次(はしば としつぐ)は、江戸時代前期の旗本豊臣宗家社稷を継ぐことを認められた。旗本寄合近江木下家の初代当主。

来歴[編集]

備中国足守藩主・木下利房の次男として生まれる。大坂の陣により豊臣秀頼を当主とする豊臣宗家が滅亡したのち、豊臣家(羽柴家)が断絶することを愁いた大叔母高台院の養子となって「羽柴利次」となり、高台院のもとで養育された[1]

高台院が死去した後、苗字を「木下」に改めた[1]。高台院の(化粧領・養老料)1万5000石の遺領の内、近江国野洲郡栗太郡の3000石と豊臣家の社稷を相続することが許され、旗本となった[1]

貞享4年(1687年)に致仕して家督を長男の利値に譲り、元禄2年(1689年)に83歳で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 池田洋子 2012, p. 25.

参考文献[編集]