山岡景友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
山岡景友
Yamaoka Kagetomo.jpg
園城寺所蔵
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文9年(1540年)または同10年(1541年
死没 慶長8年12月20日1604年1月21日
改名 山岡景宗 → 光浄院暹慶 (せんけい) → 山岡景友 → 道阿弥(法号)
別名 景宗[1]、山岡光浄院[2]、権大僧都、宮内卿法印、通称:八郎左衛門尉、備前守、法名:暹慶、道阿弥 (どうあみ)、暹景[3]
墓所 知恩院信重院(京都市東山区林下町)
官位 備前守
幕府 室町幕府 上山城守護
江戸幕府 甲賀同心支配役
主君 足利義昭織田信長柴田勝家織田信雄豊臣秀吉秀頼徳川家康
常陸古渡藩
氏族 山岡氏伴氏流)
父母 父:山岡景之、母:和田惟政の娘
兄弟 景隆景佐景猶景友景冬景光景重景国光浄院暹実
女(山岡景本室)、女(山岡景有室)
養子:景本[4]景以[5]

山岡 景友(やまおか かげとも)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将豊臣秀吉御伽衆江戸時代初期の大名で、常陸国古渡藩の初代藩主。後年、再び剃髪して道阿弥と号したため、山岡 道阿弥(やまおか どうあみ)の名でも知られる。

生涯[編集]

天文9年(1540年)、六角氏家臣の勢多城山岡景之の四男として誕生した。初名は景宗[1]。領内にあった三井寺光浄院[7]の住持となり、暹慶(せんけい)と号した。室町幕府の奉公衆と親しく、政所代の蜷川親長とも親交があった。

15代将軍・足利義昭により幕臣に取り立てられ、『耶蘇通信』では「将軍の寵臣」との記述がある[2]

元亀2年(1571年)、三淵藤英と共に大和国筒井順慶の救援に出陣し、松永久秀と戦った[2]。元亀3年(1572年)5月8日、義昭により、上山城[8]守護に補任された[2]。将軍の守護補任権行使の一例だが、どの程度の実質的な権限を伴っていたかは不明[2]

元亀4年(1573年)、信長と義昭の戦いが始まって信長包囲網が敷かれると、他の兄弟が織田氏方に付くなか、暹慶は義昭に従った。同年2月、磯谷久次渡辺昌らと近江国今堅田・石山に兵を入れ、暹慶自らは石山城に立て籠もって抗戦した[2]。しかし、同月26日に織田家臣の柴田勝家に攻められ、織田方に付いた兄・景隆の説得を受けて降伏・開城した[2]

義昭追放後、還俗して「山岡八郎左衛門尉景友」と称し、信長に仕えた[2]。織田家へ仕官後は兄らと共に佐久間信盛の与力となったと考えられており、信盛追放後に高野山へ信盛を訪ねている記録が残る[2]

天正10年(1582年)6月、本能寺の変で信長が横死すると、兄・景隆と共に行動し、明智光秀の降誘を拒絶。瀨田の橋を落とし、浦々の川船を隠して、その軍の近江進撃を妨害した[2]。その後、兄らと勝家に与し、賎ヶ岳の戦いの後、羽柴秀吉により景隆が改易されたため、景友も失領した。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは織田信雄方に属して、佐久間信栄に従って秀吉方の伊勢国峰城を攻めた。しかし程なく天下人に台頭した秀吉の家臣となって、所領を安堵され、後に御伽衆にも加えられた。再び剃髪して道阿弥と号した[2]。なお、領地の関係で大津城主の京極高次と親しかった。

慶長3年(1598年)の秀吉の死で遺物金5枚を拝領[9]。以後は黒田長政らを通じて徳川家康に接近し、度々、その使者として活動。慶長4年(1599年)3月、家康の使いとして病床にあった前田利家を訪問するために大坂に行き、藤堂高虎宅に居候して家康方諸将との連絡役を務めた[10]。12月8日には家康の茨木放鷹に扈従した[9]

慶長5年(1600年)、7月の家康の会津遠征に同行[2]。畿内にいた弟・景光には石田三成が挙兵した場合には伏見城の籠城に加わるように指示した[10]。開戦すると道阿弥は先だって伊勢に下向し、福島高明の軍に加わって伊勢長島城の守備に参加した[10]関ヶ原の戦いの本戦で東軍が勝利したと知ると伊勢長島より関ヶ原に向かうが、途中で長束正家の軍勢に遭遇。追撃する東軍諸将(池田長吉亀井茲矩)の軍勢に加わってこれと戦い、正家が逃げ込んだ近江水口城の攻略でも功績があった。さらに伊勢桑名城攻略を進言し、九鬼守隆池田長幸寺沢正成とこれを攻めた。桑名城では氏家行広行継兄弟、寺西備中守らが籠城したが、東軍が迫ると投降した[10]神戸城滝川雄利亀山城岡本宗憲は、逃亡、投降したので、両城を接収した[10]。また、水口城の落城の際に正家の弟・玄春を捕虜にしたが、玄春は西軍の伏見城攻囲の際に甲賀の士の妻子を磔にしたので、大津で拝謁した家康の許可を得てこれを斬った[10]。家康は、近江国内で9,000石と伏見城落城で討ち死にした甲賀の士の子孫10騎100卒からなる甲賀組を、道阿弥に与えた[10]

同年10月、小野木公卿の籠もる福知山城攻囲に派遣され、降参して浄土寺に蟄居していた公卿を自害させた[10]。この功績により、家康より肩衝の茶入(道阿弥肩衝)を賜り、伏見城の新宮門[11]と邸宅を与えられた。また高野山に籠った京極高次の説得にも尽力した。

慶長8年(1603年)、伏見邸宅に家康が訪れた時、良光の短刀を授けられた。同年10月3日、加増され、常陸古渡1万石の大名となった[9]が、12月20日に死去。享年64[10](62とも[9])。婿養子の景本がまだ幼かったので後を継げず、無嗣除封となり、藩は改易となった。跡は甥・景以(景本の実父)が養子となって継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 堀田 1923, p. 969.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 谷口 1995, p. 460
  3. ^ 死後に授けられたもの。
  4. ^ 景以の子。景友の婿養子。
  5. ^ 『寛政重脩諸家譜』では兄の山岡景隆の末子。
  6. ^ 堀田 1923, p. 967.
  7. ^ 先祖の暹藝が開山[6]
  8. ^ 山城国の上三郡(久世郡綴喜郡相楽郡)。室町時代に山城国は半国ごとに守護が置かれるようになった。なお、京都に近い方が「上」で、南半にあたる。
  9. ^ a b c d 高柳 & 松平 1981, p. 258.
  10. ^ a b c d e f g h i 堀田 1923, p. 980.
  11. ^ 現在の知恩院黒門(京都府指定文化財)。

参考文献[編集]