前田菊姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前田菊姫(西教寺所蔵)

前田菊姫(まえだきくひめ、天正6年(1578年) - 天正12年8月21日1584年9月25日))は、安土桃山時代の人物。前田利家の六女。羽柴秀吉の養女。母は利家の側室の隆興院

前田利家の子に生まれ、近江金物問屋西川重元のもとで生育され[1]、子供が無かった羽柴秀吉の養女となるが、1584年にわずか7歳で没し、西教寺に葬られた。

西教寺に肖像画が残されており、髪を美豆良のように結い、その名に因んで、右手に一本の菊の花を持ち、上畳の上には、人形や独楽などの玩具が置いてある[1]

滋賀県西教寺石川県西方寺に肖像画がある。

西教寺の墓

脚注[編集]

  1. ^ a b 桑田忠親 『桃山時代の女性』 吉川弘文館、1972年、174頁。