赤松則房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤松 則房(あかまつ のりふさ、永禄2年(1559年) - 慶長3年7月17日1598年8月18日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。一時、満政とも名乗った。室町時代播磨国守護を務めた赤松氏の当主。父は赤松義祐。子に則英、赤松左兵衛広範。

戦国時代には衰退した赤松氏であったが、則房は旧守護としての権威を利用し、播磨においていまだ一定の影響力を保持していたと伝わる。織田信長の命を受けた羽柴秀吉率いる中国方面軍が侵攻して来ると降伏し、秀吉の家臣となった。天正11年(1583年)には賤ヶ岳の戦いに参陣した。以後も小牧・長久手の戦い四国攻め朝鮮出兵に参陣し、秀吉から播磨置塩阿波国住吉にそれぞれ1万石を与えられた。置塩領は没収され、阿波1万石のみとする説もある。慶長3年(1598年)、死去。

子の則英の死後、赤松家当主である孫は高野山赤松院の住職や筑前福岡藩黒田氏の家臣になるなどした。


逸話[編集]

古くからの名門ということもあり、秀吉から置塩殿と呼ばれていたなど他の降った配下大名に比べ一目置かれていた。ただし、派手な参陣記録とは裏腹に資料が少なく、そのことから様々な憶測も呼び、小説などで取り上げられた例もある。領地である阿波住吉での活動も史料が乏しい。子とされ則英と同一人物とする説もある。


小説[編集]

  • 伊藤信夫『幻の水軍―赤松一族の消散』 作品社、1997年4月。