赤松則英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤松 則英(あかまつ のりひで、生年不明 - 慶長5年10月1日1600年11月6日))は、安土桃山時代武将播磨の名門赤松氏最後の当主とされる。阿波国住吉(板野郡23ヶ村)1万石領主。赤松則房の次男。官位は上総。ただし、則英の存在は史料的に確認されていない。

慶長3年(1598年)、父・則房の死により家督を相続する。1600年関ヶ原の戦いでは西軍に与し、大坂天王寺より平野口の警備を受け持ち、決戦前に石田三成の居城である佐和山城本丸に籠城したが、東軍に寝返った小早川秀秋らの攻撃を受けて佐和山城は落城し、則英は落城直前に逃亡したとされる。

逃亡後、福島正則を頼ったが、赦されず京都の戒光寺で自害させられた。