新庄直祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
新庄 直祐
時代 江戸時代中期
生誕 元禄5年(1692年
死没 延享3年5月25日1746年7月13日
改名 助十郎(幼名)、直祐、直翁
別名 監物(通称)
戒名 正享院殿雄山直翁大居士
墓所 東京都文京区本駒込の吉祥寺
官位 従五位下、駿河
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
常陸麻生藩
氏族 新庄氏
父母 父:新庄直詮、養母:松平重栄の娘
兄弟 直祐松平直員松浦信尹孝寛京極高周松平親純直矢
正室遠山友春の娘
継室永井直敬の娘
直隆直侯直由(三男)、孝優(四男)、直令(五男)、京極高暁(六男)、娘(新庄直宥室)、娘(宮城和忠継室)

新庄 直祐(しんじょう なおすけ)は、常陸麻生藩の第8代藩主

生涯[編集]

元禄5年(1692年)、第7代藩主・新庄直詮の五男として生まれる。宝永5年(1708年)に父が死去したため家督を継ぐ。宝永6年(1709年)3月7日、従五位下・駿河守に叙位・任官する。正徳4年(1714年)と享保5年(1720年)に大坂城守衛を務めた。享保7年(1722年)、年貢減免を求める百姓一揆が起こり、百姓側の要求を受け入れている。

享保20年(1735年)11月20日、家督を長男・直隆に譲って隠居する。延享2年(1745年)10月14日に剃髪して直翁と号した。延享3年(1746年)5月25日に死去した。享年55。