堀秀村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

堀 秀村(ほり ひでむら、弘治3年(1557年) - 慶長4年8月1日1599年9月20日))は、戦国時代から安土桃山時代武将。通称は次郎。諱は「元積」とも。遠江守。『寛政重修諸家譜』では、堀某(次郎・遠江守・秀基)とその子の存村(石見守)の2人に分けて記述されている。

近江国北部の鎌刃城の城主で浅井長政に仕えていたが、1570年に敵方の木下秀吉の参謀竹中重治や家臣の樋口直房の説得で、織田方に寝返る。その後、激怒した浅井方に攻められ、鎌刃城を失う。しかし姉川の戦いの敗戦で浅井氏の影響力が弱まると、織田信長に再び鎌刃城の城主を任された。1571年には浅井方の浅井井規鎌刃城に攻めかかってきたが、横山城からの援軍・木下秀吉らの加勢もあり城を守りきった。以後も、対浅井戦線の防備に秀吉と共に協力して当たったが、秀吉が浅井氏の滅亡後に近江の領主として堀よりも格上の立場になった事によって軋轢が生じたことや、家臣である樋口直房が一向一揆との戦いで、防備すべき城を勝手に一揆衆と和睦して捨てて逐電するなどしたため、1574年に10万石相当とも言われる所領を全て没収され、唐突に信長に追放されてしまった。

その後、豊臣秀長に拾われて仕えたというが往時の勢力は取り戻せず、1599年に没した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]