新庄直忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新庄 直忠(しんじょう なおただ、天文11年(1542年) - 元和6年1月25日1620年2月28日)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将近江新庄城主。近江朝妻城新庄直昌の次男、新庄直頼の弟。正室は堀秀重の娘。子に坂井成政室。

天文18年(1549年)、父・直昌が江口の戦いで戦死、近江新庄城主となった(朝妻城は兄の直頼が相続)。はじめ室町幕府12代将軍足利義晴に仕えたというが、義晴が天文19年(1550年)に死去しているので、真偽は不明。後に織田信長、そして豊臣秀吉に仕えた。天正11年(1583年)、近江浅井郡に200石の所領を与えられた。この頃、「東玉入道」と称して剃髪している。

天正19年(1591年)に近江蒲生郡で250石、文禄2年(1593年)に近江坂田郡で300石を加増された。さらに文禄4年(1595年)11月には1万900石余りを加増されて、都合1万4600石を領した。文禄元年(1592年)の文禄の役では朝鮮に渡海している。

秀吉の没後は、京都に病と称して隠棲。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に属して所領没収となったが、徳川家康に接近していた為、後に近江坂田郡柏原に知行を得た。

天正19年に、枯死した近江・唐崎の松を植え替えて景勝の保存に尽力するなど文武に優れ、人倫を弁じた武士として高名な人物である。現在唐崎神社に立てられている木は3代目である。