浅井井頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
浅井井頼
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 元亀元年(1570年)頃?
死没 寛文元年5月16日1661年6月12日)?
改名 井頼→政信→政賢→政春→政堅→長房
別名 京極作庵?、通称:喜八郎
墓所 香川県丸亀市の玄要寺?
官位 周防
主君 羽柴秀吉豊臣秀次秀保増田長盛生駒一正豊臣秀頼(→京極忠高
氏族 浅井氏
父母 父:浅井井規?または浅井長政?、養父:浅井長政?

浅井 井頼(あざい いより)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。後に政信、政賢、政春、政堅、長房と改名したと伝わる。

出自[編集]

父は浅井井規との説がある。または浅井長政の三男(または次男)で浅井万福丸の弟とされるが、浅井氏庶家の出であり宗家・長政の養子となったとの異説もある。

略歴[編集]

天正元年(1573年)に浅井氏が織田信長によって滅ぼされたときは、信長の残党狩りから逃れたとされる。天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでは羽柴秀吉に属し、その後に豊臣秀次秀保の家臣となり、600石の知行を与えられる。秀保の死後、大和郡山増田長盛が入ると、その家臣となって3,000石を与えられた。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは西軍の生駒親正の隊に属した。戦後に増田長盛が改易されると、親正の子・一正に仕えた。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣大坂城に入り、二の丸の東を守備し、翌年の夏の陣で討死したとされる。

異説として落城後に大坂を脱出し、常高院を頼り若狭小浜藩京極忠高の家臣となって「京極作庵」と名乗り、京極家が松江に移封されると、500石の知行を与えられたともされる。また、香川県丸亀市の京極家の菩提寺である玄要寺に浅井井頼の物と伝わる墓がある。

真田十勇士の根津甚八のモデルとされる。彼については小和田哲男の『戦国三姉妹』が詳しい。