浅井井頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
浅井井頼
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 元亀元年(1570年)頃?
死没 寛文元年5月16日1661年6月12日)?
改名 井頼、政信、政賢、政春、政堅、長房
別名 喜八郎(通称)、京極作庵?
墓所 香川県丸亀市の玄要寺?
官位 周防守
主君 羽柴秀吉豊臣秀次秀保増田長盛生駒一正豊臣秀頼、(京極忠高
氏族 浅井氏
父母 浅井井規?または浅井長政?
浅井長政?
テンプレートを表示

浅井 井頼(あざい いより)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。後に政信、政賢、政春、政堅、長房と改名したと伝わる。

略歴[編集]

出生は定かではない。浅井井規の子であるとも、浅井長政の三男[1]であるともされる。長政の子であるとする説では、お市の子ではなく側室の子で、天正元年(1573年)に浅井氏が織田信長によって滅ぼされた時、信長の残党狩りから逃れたとされるが確たる史料はない。

天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでは羽柴秀吉に属し、その後に豊臣秀次秀保の家臣となり、600石の知行を与えられた。秀保の死後、大和郡山増田長盛が入ると、その家臣となって3,000石を与えられた。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは西軍の生駒親正の隊に属した。戦後に増田長盛が改易されると、親正の子・一正に仕えた。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣の際は親族である豊臣側[2]として大坂城に入り、二の丸の東を守備し、翌年の夏の陣で討死したとされる。


異説[編集]

異説として落城後に大坂を脱出し落ち延びたとする話がある。同説では戦後、親族の常高院を頼り若狭国小浜藩京極忠高の家臣となって「京極作庵」と名乗った。京極家が松江に移封されると、500石の知行を与えられたともされる。また、香川県丸亀市の京極家の菩提寺である玄要寺に、井頼の物と伝わる墓がある。


物語[編集]

真田十勇士の根津甚八のモデルとされる。彼については小和田哲男の『戦国三姉妹』が詳しい。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『真田丸と真田一族99の謎』
  2. ^ 豊臣秀頼の生母の淀殿は浅井長政の娘であり、秀頼は浅井長政の孫となる。井頼が長政の子であるなら秀頼は甥、そうでなくても浅井一族とは縁深い関係である。