大野木秀俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大野木秀俊
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正元年(1573年
別名 通称:兵内
官位 土佐守
主君 浅井長政
氏族 大野木氏
父母 父:大野木秀資または大野木国茂

大野木 秀俊(おおのぎ ひでとし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将浅井氏の家臣。

略歴[編集]

大野木氏近江国佐々木氏支流。

大野木加賀守秀資または大野木国茂の子として誕生。元亀元年(1570年)、秀俊は野村直隆三田村国定と共に横山城将として織田信長軍から横山城を守り、救援に来た浅井勢と織田勢との間に姉川の戦いが起こる。合戦終結後、横山城を逐われた。小谷城が落城し主家である浅井氏滅亡(小谷城の戦い)後、羽柴秀吉を通じて信長に投降するが、許されず裏切者として中村一氏に殺害された。小谷城の清水谷にも土佐屋敷(官命にちなむ)と言う名で大野木氏の邸宅跡が残る。

脚注[編集]