浅井亮政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
浅井亮政
時代 戦国時代
生誕 延徳3年(1491年
死没 天文11年1月6日1542年1月21日
改名 勝政→亮政
別名 新三郎、備前守(通称)、休外宗護(号)
戒名 救外寺英徹高月
徳勝寺殿前備州太守救外宗護大居士[1]
墓所 滋賀県長浜市の徳勝寺
氏族 浅井氏
父母 父:浅井直種 母:赤尾教政[2]
養父:浅井直政
兄弟 諸説あり
正室:浅井蔵屋浅井直政の娘)
側室:尼子馨庵
久政高政政弘秀政山城守
海津殿松市御料(三田村定頼室)、
女子(浅井忠種室)、千代鶴(六角宗能室)、
近江の方斎藤義龍室)
養子:田屋明政

浅井 亮政(あざい すけまさ、淺井 亮政)は、戦国時代武将北近江国人浅井氏の当主。

生涯[編集]

延徳3年(1491年)、北近江の国人である浅井氏の庶流蔵人家・浅井直種の子として誕生。幼年期は定かではないが、浅井氏嫡流で従兄弟浅井直政の娘蔵屋と結婚し、嫡流を継承している。

亮政が家督を継承した頃、浅井氏は北近江半国の守護京極氏被官であった。この時期の京極氏の当主は高清であったが、高清が家督を次男高吉に譲る意向を示したことで、お家騒動が発生した。この時、亮政は近江国衆浅見貞則とともに、高清の長男高延を後継者に推し、高清と対立。貞則と亮政は主君高清、高吉、そして高吉を推す上坂信光尾張へと追い出した。これ以後、京極氏は国人一揆が主導することになり亮政はその中心的役割を担ったが、浅見貞則が専横を極めたためこれを追い出し、ついには国人一揆の盟主となって京極家中における実権を掌握した。

こうして江北における勢力を築いた亮政であったが、亮政の勢力拡大と共に南近江の守護六角定頼と対立するようになる。六角氏は近江源氏佐々木氏の嫡流であり、京極氏の本家筋にあたる存在で、この時期は足利将軍家を庇護して室町幕府へ関与するなど、勢力を強めていた。もともと近江守護職であった六角氏との対立は、亮政にとって不利であり、度々侵攻を許すことになったが、配下となった国人層を掌握してこうした侵攻をかろうじてしのいだ。

また一方で、亮政によって傀儡化した京極氏であったが、亮政の専横に不満を募らせた京極高延が父・高清と和解し、上坂氏をはじめとする反亮政派の国人衆らとともに亮政と対立するようになった。これに対し亮政は、六角氏との対立もある中、更に京極氏と争う余力はなかったため、天文3年(1534年)に京極父子と和解している。

しかし、天文10年(1541年)、再び京極高延が亮政に反旗を翻した。亮政は京極氏との対立を解決しないまま、翌天文11年(1542年1月6日に死去した。

死後、嫡男久政と婿養子の田屋明政が家督継承を巡って争うようになり、明政が京極高延と結んで久政を攻めたため、久政は六角氏へ臣従している。

子孫[編集]

亮政は5男5女を儲けており、また婿養子として一族の田屋明政がいる。家督を相続したのは長男久政である。男系子孫は孫・長政織田信長に滅ぼされたことにより絶えている。しかし、久政の娘マリアが京極高吉に嫁いだため、亮政が終生争った京極氏として女系子孫が現代に伝わっている。また、亮政の曾孫にあたるの子孫は彼女の子にあたる徳川家光の曾孫・徳川家継まで江戸幕府の将軍職を世襲し、浅井の血を残した。このため、現代の皇室も末裔にあたる(浅井長政#末裔あるいは崇源院#系譜を参照のこと)。

男子[編集]

女子[編集]

※『六角佐々木氏系図略』・「浅井過去帳」より

脚注[編集]

  1. ^ 『系図纂要』
  2. ^ 『寛政重修諸家譜』