浅井直政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
浅井直政
時代 室町時代 - 戦国時代
生誕 不明
死没 天文9年(1540年6月
別名 井三郎、清三郎(通称)
官位 備前(受領名)
幕府 室町幕府 近江国浅井郡司
主君 京極高清
氏族 浅井氏
父母 父:浅井忠政、母:文和慶集尼
兄弟 直政三田村定政清政
政信?[1]蔵屋浅井亮政正室)
養嗣子:亮政
猶子:赤尾教政

浅井 直政(あざい なおまさ)は、室町時代から戦国時代にかけての武将浅井氏3代当主。

父は浅井忠政と伝わる。男子がいなかったため、娘・蔵屋の婿に、蔵人家の浅井亮政[2]を迎え、宗家を継がせている。叔父・蔵人直種は北近江奪取のために大いに働いたことから、この蔵人家は本家に続く浅井の中でも力を持った分家であったと思われる。

明応10年(1501年)2月9日、直政は丁野という土地を寄進している。この土地は後に小谷城の麓となる集落である。

脚注[編集]

  1. ^ 浅井直種の子とも。
  2. ^ 勝政。叔父・浅井直種の子。