浅井蔵屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅井 蔵屋(あざい くらや、生年不詳 - 永禄11年8月26日1568年9月17日)は、戦国時代の女性。 

概要[編集]

人物像[編集]

  • その性格は、質素で飾らぬことを好み、「我が家にては金銀を宝とせず、慈悲を持って宝となすべし」と述べたという(『豊内記』)。
  • 亮政の側室である尼子馨庵とともに小島権現再興にあたっていることなど、嫡女として、亮政の正室として、亮政の奥向を治めていた。

経歴[編集]

  • 天文4年(1535年)11月25日、徳勝寺にて戒を受く。(『徳勝寺受戒帳』)
  • 永禄10年(1567年)9月6日、竹生島の小島権現再興にあたって、馨庵とともに槫(くれ・板材のこと)五十丁を寄進して助成する。(『小島権現棟札』)

関連[編集]