浅井鶴千代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅井 鶴千代(あざい つるちよ、生年不詳 - 慶長7年2月17日1602年4月9日))は、戦国時代から江戸時代にかけての女性。

経歴[編集]

浅井亮政浅井蔵屋との間に誕生する。

後に浅井明政に嫁ぎ、海津局饗庭局近江局の三姉妹をもうける。明政は田屋氏の出自であった。海津局は淀殿に仕え、大坂夏の陣後は千姫と江(崇源院)に仕える。饗庭局は淀殿の乳母となり、大坂夏の陣で自害する。近江局は崇源院に仕える。

嫁いだ後は、明政は海津城の城主であったため、海津殿と称されるようになる。

織田信長浅井長政の戦い(小谷城の戦い)では明政が討ち死にし、鶴千代は近江国宗正寺にて出家する。出家した後は娘二人と共に淀殿に仕える。

慶長5年(1600年)の大津城の戦いで、姪の京極マリアとその娘・京極竜子、淀殿の妹・が窮地に陥ると助け出すため使者として大津城まで赴いた。

慶長7年(1602年)2月17日に死去。戒名は栖松院殿香甫宗因大禅定尼。

出典[編集]