伊藤浩士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 浩士
誕生 (1956-08-14) 1956年8月14日(65歳)
日本の旗 愛知県名古屋市
職業 小説家俳人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 歴史小説
主な受賞歴 歴史群像大賞佳作(2005年)
デビュー作 『慶長疾風録』2006年
配偶者 既婚
公式サイト 天才伊藤浩士先生の末の世の憂鬱ブログ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

伊藤 浩士(いとう ひろし、1956年8月14日 - )は、日本歴史小説作家(歴史群像大賞入賞)、俳人。歴史研究会「城友クラブ」を主宰。俳句同人誌「游魚」発行人。日本伝統俳句協会会員。社民党愛知県連合常任幹事。本名は伊藤 浩睦(ひろのぶ、コウボク)。

略歴[編集]

愛知県名古屋市出身。第11回歴史群像大賞佳作入賞。「慶長疾風録」で作家デビュー。以後20冊の単行本を商業出版。現在は絶版。

本人のブログでの証言などから、元日本共産党党員。出馬の機会を伺うも全く日の目を見ないことから1993年離党。

2015年4月の名古屋市議選挙に社民党から立候補、442票で落選。

受賞歴[編集]

著書[編集]

※ 単行本の刊行順に記す。

  • 真伝 大坂の陣〈2〉真田幸村の覚悟 (歴史群像新書) (2010/7).
  • 神変 関ヶ原〈3〉豊臣の結束 徳川の崩壊 (歴史群像新書) (2009/5).
  • 慶長疾風録1 前田慶次、関ヶ原に出現す (歴史群像新書) (2013/8/20).

など著書多数。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]