幡岳寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

幡岳寺(ばんがくじ)は、滋賀県高島市マキノ町中庄にある曹洞宗寺院山号は金剛山。開基佐久間安政開山無外桂言

歴史[編集]

慶長年間に建立されたと伝わる。佐久間安政賤ヶ岳の戦いに敗れて自害した叔父・柴田勝家と叔母・お市の方、刑死した兄・佐久間盛政の菩提を弔うために建立したものである。寺号の幡岳は勝家の戒名「幡岳寺殿籌山勝公大居士」に由来する。創建当時の勝家や安政の位牌が現存する。

江戸時代の初期、付近一帯は安政が藩主を務めていた信濃飯山藩領であった[1]。勝家の家紋・柴田藤を寺紋としている。

所在地[編集]

滋賀県高島市マキノ町中庄336

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 近江高島藩」を参照。

参考文献[編集]

  • いいづな歴史ふれあい館特別展図録『飯綱の地をひらいた“殿様”‐佐久間兄弟と長沼藩・飯山藩』2015年


座標: 北緯35度26分34.2秒 東経136度2分6秒