佐治信方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐治 信方(さじ のぶかた、天文22年(1553年)? - 天正2年9月28日1574年10月12日)?/天文19年(1550年) - 元亀2年(1571年)5月という説もある)は戦国時代の武将。通称は八郎。尾張国大野城佐治為景の嫡男で、名ははじめ「為興」。妻は織田信秀の娘で信長の妹お犬の方。そのため信長の義弟にあたる。子に一成秀休

佐治氏は代々知多半島の大半を領した豪族で、伊勢湾海上交通を掌握する佐治水軍を率いていた。そのため尾張を領した信長らにとって非常に重要視され、桶狭間の戦いの後に信長に臣従するが、妹を妻に与えられ、信長の字を拝領されて「信方」と改名するなど、待遇は一門衆並みであった。

信方は信長の嫡男信忠に従って、伊勢長島攻めに加わるが、天正2年9月28日、ここで討ち死にしてしまう(『大雲山誌稿』)[1]。わずか22歳であったという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮本義己 2010, pp. 100-101.

参考文献[編集]