名古屋山三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
名古屋(那古野)山三郎
時代 安土桃山時代
生誕 元亀3年(1572年
または天正4年(1576年
死没 慶長8年5月3日1603年6月12日
改名 九右衛門、宗圓(号)
別名 織田九右衛門
戒名 梅林院殿久嶽宗遠居士
墓所 京都府京都市北区紫野大徳寺町 大徳寺高桐院
氏族 名越氏後裔
父母 父:名古屋高久
母:養雲院(中川重政妹)
兄弟 女(津田織部室→金森可重室)、お千、
山三郎、岩(羽柴小一郎室→森忠政室)、
女(小沢彦八室)、女(各務正休室)
出雲阿国
女(森可澄室)[1]
嗣子:蔵人

名古屋(那古野) 山三郎(なごや さんさぶろう)は、安土桃山時代武将蒲生氏森氏の家臣。妻は出雲阿国といわれており[2]、ともに歌舞伎の祖とされている。

生涯[編集]

蒲生家臣時代[編集]

尾張国(現在の名古屋市)の生まれ。名古屋高久の次男。名古屋氏(那古野氏[3])は名越流北条氏の子孫といわれる。母方の縁で織田氏と縁戚であることから織田九右衛門とも名乗った。当初は母と共に京の建仁寺に在ったが、15歳の時に蒲生氏郷に見出され小姓として仕える[4]。その前に織田信包に仕えていた説がある。九州征伐小田原征伐に参加。天正18年(1590年)の陸奥名生城攻略、天正19年(1591年)の九戸政実の乱でそれぞれ一番槍の功を立て2000石に加増される。

蒲生家出奔後[編集]

文禄4年(1595年)に氏郷が死去すると蒲生氏から退去。京の四条付近で浪人した後に、出家して宗圓と名乗り大徳寺に入ったが、その後しばらくして還俗し、妹の岩が嫁いでいる森忠政の家臣として仕えた。忠政は山三郎を気に入り、見目麗しい事や茶道和歌に関しても見識が深い事から饗応役として取り立てられ、5000石の所領を与えた(後に5300石まで加増)。また、山三郎の妹2人が森家重臣の小沢彦八、各務正休と婚姻を結んだため、山三郎は森家中で大きな発言力を持ったが、それを快く思わない同僚の井戸宇右衛門とは仲が悪く度々、口論など諍いを起こしたとされている。

最期[編集]

慶長8年(1603年)、忠政は関ヶ原の戦いにおける恩賞として美作国津山藩に移封された後に新しい城を院庄に立てる事を計画。この時、山三郎は宇右衛門を殺すように忠政より命令され、忠政から直々に刀を賜っている[5]。その後、工事現場において宇右衛門と居合わせた山三郎は喧嘩口論の末に抜刀して襲い掛かるが、逆に宇右衛門に切り伏せられ死亡する。宇右衛門も居合わせた森家の人間にその場で斬り殺された。享年は28[4]とも32[6]とも伝わる。山三郎の遺体は現場の北側、宇右衛門の遺体は南側に埋められ、墓標の代わりに松が植えられた。現在もその場所には松があり、「白眼合松(にらみあいのまつ)」と呼ばれているという。墓所は高桐院にも存在する。

なお、嗣子の名古屋蔵人は後に森家を去り、前田利常に3000石で召し抱えられ、子孫は加賀藩士となって代々名越姓を称した。

逸話[編集]

  • 名生城の一揆勢攻略では、白綾に赤裏を付した具足を着け、猩々緋の羽織を着て、手槍を掲げて城中に駆け入り、一番槍を付け好首を挙げた。これはのちに小歌にもなり、「鑓仕(槍士)鑓仕は多けれど、那古野山三は一の鑓」とうたいはやされた。
  • 類稀な美貌の持ち主であり、蒲生氏郷も初見では少女と勘違いし、嫁に取るために身元を調べたという[4]
  • 遊芸に通じた伊達男でもあり数々の浮名を流し、ついには「山三郎と淀殿の子が豊臣秀頼ではないか」という噂まで流れた。
  • 細川幽斎も宗圓に関して「かしこくも 身をかへてける薄衣 にしきにまさる 墨染めのそで」と歌を詠み、粗末な薄衣ですら宗圓が身に着けていれば錦にも勝る墨染めのそでに見紛うようであると賞賛した。

登場作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『森可政系図伝』
  2. ^ 小和田, 哲男 (2008), 日本の歴史がわかる101人の話, 三笠書房, p. 291, ISBN 978-4837976882, "名古屋山三郎との熱烈な関係……伝説的な部分が多いとみておくべきだろう。" 
  3. ^ 今川那古野氏
  4. ^ a b c 『氏郷記』
  5. ^ 『関原軍記大成』
  6. ^ 『森家先代実録』