ウェリントン公爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウェリントン公爵
Duke of Wellington
Arms of Dukes of Wellington
創設時期 1814年5月11日
創設者 摂政皇太子ジョージ (ジョージ3世)
貴族 連合王国貴族
初代 アーサー・ウェルズリー(初代ウェリントン侯爵)
現所有者 アーサー・チャールズ・ウェルズリー英語版(9代公)
相続人 アーサー・ジェラルド・ウェルズリー英語版(ドゥロ侯爵)
相続資格 初代公の嫡出直系の男系男子
付随称号 ウェリントン侯爵、ドゥロ侯爵、モーニントン伯爵英語版、ウェリントン伯爵、ウェルズリー子爵、ウェリントン子爵、モーニントン男爵、ドゥロ男爵
邸宅 ストラトフィールド・セイ・ハウス英語版
アプスリー・ハウス

ウェリントン公爵: Duke of Wellington)は、イギリス公爵位。連合王国貴族爵位。

ナポレオン戦争の英雄初代ウェリントン侯爵アーサー・ウェルズリー1814年に叙されたのに始まる。連合王国貴族の中では筆頭となる爵位である。

爵位名はイングランド南西部、サマセットにあるウェリントン英語版にちなむ。

歴史[編集]

ウェリントン公爵家のハンプシャーの邸宅ストラトフィールド・セイ・ハウス英語版をバックに立つ第8代ウェリントン公爵アーサー・ヴァレリアン・ウェルズリー(1986年撮影)
ウェリントン公爵家のロンドンの邸宅アプスリー・ハウス(2006年撮影)

アイルランド貴族の初代モーニントン伯爵英語版ギャレット・ウェズリー(1735–1781)の三男アーサー・ウェルズリー(1769-1852)は、陸軍軍人となり、1809年からナポレオン戦争半島戦争でイギリス・ポルトガル連合軍の指揮をとった。1815年ナポレオン百日天下後にはワーテルローの戦いでイギリス軍主体の反仏連合軍の指揮を執ってナポレオンを再度の失脚に追い込んだことで知られる[1]

戦功により、1809年9月4日にはサマセット州におけるタラヴェラ=ウェリントンのウェリントン子爵Viscount Wellington of Talavera and of Wellington in the County of Somerset)とサマセット州におけるウェルズリーのドゥロ男爵Baron Douro, of Wellesley in the County of Somerset; ドゥーロ男爵)に、1812年2月28日にはウェリントン伯爵Earl of Wellington)に、1812年10月3日にはウェリントン侯爵Marquess of Wellington)に、そして1814年5月11日にはウェリントン公爵Duke of Wellington)とドゥロ侯爵Marquess Douro)に叙された(以上全て連合王国貴族)[2][3]

加えて初代公は、外国からも爵位を受けた。ポルトガル王国の爵位としてヴィトリア公爵Duque da Vitória; 1812年叙位、ビトリアの戦いにちなむ。ただしビトリア=ガステイススペイン領)・トレス・ヴェドラス侯爵Marquês de Torres Vedras; 1812年叙位、彼がリスボン防衛のために築いたトレス・ヴェドラス線Lines of Torres Vedras)にちなむ)・ヴィメイロ伯爵Conde do Vimeiro; 1811年叙位、ヴィメイロの戦いBattle of Vimeiro)にちなむ)に、スペイン王国の爵位としてシウダ・ロドリーゴ公爵Duque de Ciudad Rodrigo; 1812年叙位、シウダ・ロドリーゴ攻城戦Siege of Ciudad Rodrigo)にちなむ)に、ネーデルラント連合王国の爵位としてワーテルロー公Prins van Waterloo; 1815年叙位、ワーテルローの戦いにちなむ。ただしワーテルローは現在ベルギー領)に叙されている[2][3]

2代公アーサー・ウェルズリー英語版(1807-1884)は、1863年に従兄弟の息子にあたる5代モーニントン伯爵ウィリアム・ポール=ティルニー=ロング=ウェルズリー英語版(1813-1863)からモーニントン伯爵Earl of Mornington)、ミース州におけるダンガン城のウェルズリー子爵Viscount Wellesley, of Dangan Castle in the County of Meath)、モーニントン男爵Baron of Mornington)を相続した(以上の3爵位はアイルランド貴族)。このため現在、ウェリントン公爵にはこれらの爵位が付属する。公爵位の法定推定相続人はドゥロ侯爵を、ドゥロ侯爵の法定推定相続人はモーニントン伯爵を儀礼称号として称する[2]

6代公ヘンリー・ウェルズリー英語版(1912-1943)第二次世界大戦に従軍して戦死した。6代公には子供がなかったため、叔父のジェラルド・ウェルズリー英語版(1885-1972)が7代公を継承した。この際にスペインの爵位シウダ・ロドリゴ公爵位のみ6代公の姉アン・リース英語版(1910–1998)が継承したが、彼女は1949年に同爵位を7代公に譲っている[2]

2016年現在の当主は9代公アーサー・チャールズ・ヴァレリアン・ウェルズリー英語版(1945-)である。彼は襲爵前の1979年から1989年にかけて欧州議会の議員を務めていた[2][4]。また襲爵後の2015年9月から世襲貴族の互選による世襲貴族枠の貴族院議員となっている[5]

邸宅はハンプシャーベイジングストークにあるストラトフィールド・セイ・ハウス英語版ロンドンピカデリーにあるアプスリー・ハウスである[2]。家訓は「勇気が幸運を呼ぶ(Virtutis Fortuna Comes)」[2]

現当主の保有爵位[編集]

現在の当主アーサー・チャールズ・ウェルズリー英語版は以下の爵位を保有している[2][4]

イギリス爵位[編集]

  • 第9代ウェリントン公爵 (9th Duke of Wellington)
    (1814年5月11日勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第9代ウェリントン侯爵 (9th Marquess of Wellington)
    (1812年10月3日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第9代ドゥロ侯爵 (9th Marquess Douro)
    (1814年5月11日の勅許状による連合王国貴族爵位) ※法定推定相続人儀礼称号
  • 第13代モーニントン伯爵英語版 (13th Earl of Mornington)
    (1760年10月2日の勅許状によるアイルランド貴族爵位) ※法定推定相続人の法定推定相続人の儀礼称号
  • 第9代ウェリントン伯爵 (9th Earl of Wellington)
    (1812年2月28日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • ミース州におけるダンガン城の第13代ウェルズリー子爵 (13th Viscount Wellesley, of Dangan Castle in the County of Meath)
    (1760年10月2日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • サマセット州におけるタラヴェラ=ウェリントンの第9代ウェリントン子爵 (9th Viscount Wellington, of Talavera and Wellington in the County of Somerset)
    (1809年9月4日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第14代モーニントン男爵 (14th Baron Mornington)
    (1746年7月9日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • サマセット州におけるウェルズリーの第9代ドゥロ男爵 (9th Baron Douro, of Wellesley in the County of Somerset)
    (1809年9月4日の勅許状による連合王国貴族爵位)

外国爵位[編集]

一覧[編集]

ウェリントン子爵 (1809年)[編集]

初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー(サー・トマス・ローレンス画、1814年)

ウェリントン伯爵 (1812年)[編集]

ウェリントン侯爵 (1812年)[編集]

ウェリントン公爵 (1814年)[編集]


系図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

参考文献[編集]