2008年デンマーク大使館爆発事件 (パキスタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デンマーク大使館前爆発事件(デンマークたいしかんまえばくはつじけん)は、2008年6月2日パキスタンイスラマバード市内のデンマーク大使館前で発生した爆発物の爆発事件。

概要[編集]

  • 6月2日正午頃、デンマーク大使館に盗難車のトヨタ・カローラが侵入を図るが失敗し、そのまま大使館前で爆発した。大使館前の建物が2棟破壊されたほか、走行中の自動車が巻き込まれて炎上するなどの被害。8人が死亡、約30人が負傷した[1]

背景[編集]

犯行声明[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ “イスラマバードのデンマーク大使館で自爆攻撃、パキスタン国営テレビ(2008年6月2日)”. AFP.BB.NEWS. http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2399485/2989679 2010年10月3日閲覧。 
  2. ^ “パキスタンのデンマーク大使館自爆攻撃、アルカイダが犯行声明(2008年6月5日)”. AFP.BB.NEWS. http://www.afpbb.com/article/2997954 2010年10月3日閲覧。