ステファン・ロベーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ステファン・ロベーン
Stefan Löfven
Stefan Löfven efter slutdebatten i SVT 2014 (cropped).jpg
ステファン・ロベーン
生年月日 (1957-07-21) 1957年7月21日(64歳)
出生地  スウェーデンストックホルム
出身校 ウメオ大学中退
所属政党 社会民主労働党
サイン Stefan Löfven autograph.png

在任期間 2014年10月3日 - 2021年11月30日
国王 カール16世グスタフ

在任期間 2012年1月27日 - 2021年11月4日
テンプレートを表示

シェル・ステファン・ロベーンスウェーデン語: Kjell Stefan Löfven [ɕɛl ˈsteːfan lœˈveːn]1957年7月21日-)は、スウェーデン政治家。姓はロベーンの他、ローベンロヴェーンとも書かれる[1][2]。第43代首相2014年10月3日 - 2021年11月24日[3]社会民主労働党党首(2012年1月27日 - 2021年11月4日)を歴任した。

経歴[編集]

1957年7月21日、ストックホルムに生まれる。ウメオ大学に入学し、ソーシャルワークを学んだが、1年半で退学。 1979年、溶接機メーカーであるBAEシステムズ系の会社に入社。エルンシェルツビクにある工場で働きつつ、労働組合活動に精を出し、2年後に労働組合の代表に選ばれる。その後は1995年にスウェーデン金属労働組合のオンブズマンとして、2001年には金属労働組合の副代表となる。

2005年11月、ロベーンは新しく設立された労働組合であるIFメタルの代表となる。その直後の2006年に社会民主労働党の理事会で選出され、政界入りを果たす。 2012年ホーカン・ユーホルト英語版の後継者として社会民主労働党の党首に抜擢される。

2014年9月14日総選挙で社会民主労働党をはじめとする中道左派連合が勝利し、同年10月3日、党首であるロベーンが首相に選出された。2018年9月25日に議会で不信任決議を賛成204票、反対142票で可決された[4]。しかし後継がなかなか決まらず、議会は11月14日に穏健党党首であるウルフ・クリステルソン英語版の首相就任を賛成154、反対195で却下[5]。ロベーンも再び首相候補となったが、12月14日に賛成116、反対200、棄権28で却下され[6]、最終的には2019年1月16日に議会議長より新首相に指名され[7]、18日の議会での採決では賛成115票、反対153票、棄権77票となり、反対票が首相就任阻止に必要な175票に届かなかったため就任が承認された[8]。不信任決議から4ヶ月も暫定的に首相を務める事態となった。

2020年の新型コロナウイルス感染症の流行の際には当初、他の欧州諸国のように厳格なロックダウンを実施せず、マスク着用の義務化すら行わないなど、通常の経済活動を継続しつつ集団免疫獲得を目指した。同年8月の段階でロベーンはこの対策は正しかったと主張したが[9]、12月にはマスク着用の推奨に転じるなど方針転換を余儀なくされ[10]、国王カール16世グスタフが政府のコロナ対策は失敗だったと言及するに至った[11]

2021年には新築アパートの家賃統制緩和計画をめぐって閣外協力の関係にあった左翼党の離反を招き、野党・スウェーデン民主党の提出した内閣不信任決議に同じく野党のキリスト教民主党も同調し賛成票を投じた結果、6月21日に賛成181票(可決には175票が必要)、反対109票、棄権51票、欠席8人で可決された[12]。スウェーデンで野党提出の内閣不信任案が可決され、首相が辞任もしくは解散総選挙を迫られる初のケースであり[13]、6月28日に首相辞任を表明した[14]。しかしアンドレアス・ノーレン英語版議会議長が組閣を要請した穏健党のクリステルソン党首は議会多数の支持を得られる目処が立たないため7月1日に組閣を断念・返上し、再びロベーンが組閣を試みることとなった[15]。5日に多数派の支持を得られる見込みがたったと表明し[16]、7日の首相指名選挙では賛成116、反対173、棄権60票で再選阻止に必要な過半数の反対175票に届かなかったためロベーンの首相続投が決定した[17]。8月22日、11月までに党首を辞任し、首相からも退く意向を表明[18]。11月4日に社会民主労働党が党大会にてマグダレナ・アンデション財務相を新党首に選出したことを受け[19]、10日に首相辞任を表明した[20]

脚注[編集]

  1. ^ スウェーデンの次期首相、「原発全廃」を宣言”. ABC WEBNEWS (2014年10月3日). 2014年11月5日閲覧。
  2. ^ ステファン・ロヴェーン社民党党首との会談”. 在スウェーデン日本国大使館 (2012年12月5日). 2014年11月5日閲覧。
  3. ^ "Swedish parliament confirms Social Democrat's Lofven as new PM." Reuters.
  4. ^ “スウェーデン議会、首相の不信任案可決 数週間の政治空白か”. AFPBB News. フランス通信社. (2018年9月25日). http://www.afpbb.com/articles/-/3190877 2018年9月26日閲覧。 
  5. ^ “Swedish parliament rejects center-right prime minister, deadlock continues”. ポリティコ. (2018年11月14日). https://www.politico.eu/article/ulf-kristersson-swedish-parliament-rejects-center-right-prime-minister-deadlock-continues/ 2018年12月15日閲覧。 
  6. ^ “Stefan Löfven defeated in parliamentary vote”. The Local Sweden. (2018年12月14日). https://www.thelocal.se/20181214/centre-left-pm-candidate-faces-probable-defeat-in-parliamentary-vote 2018年12月15日閲覧。 
  7. ^ “Stefan Löfven set to be Swedish PM again after Left Party gives go-ahead”. The Local. (2019年1月16日). https://www.thelocal.se/20190116/sweden-awaits-prime-minister-nomination 2019年1月17日閲覧。 
  8. ^ “Deadlocked Swedish Parliament affirms Lofven as PM 4 months after election”. UPI通信社. (2019年1月18日). https://www.upi.com/Deadlocked-Swedish-Parliament-affirms-Lofven-as-PM-4-months-after-election/2181547815397/ 2019年1月21日閲覧。 
  9. ^ “スウェーデン首相が自国独自のコロナ対策擁護、正しい選択と強調”. ロイター. (2020年8月24日). https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-sweden-pm-idJPKBN25K09P 2021年6月21日閲覧。 
  10. ^ “スウェーデン、コロナ対策で方針転換 マスク着用を初推奨”. AFPBB News. フランス通信社. (2020年12月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/3322205 2021年6月21日閲覧。 
  11. ^ “スウェーデン国王、新型ウイルス政策は「失敗だった」”. BBC News. BBC. (2020年12月18日). https://www.bbc.com/japanese/55359146 2021年6月21日閲覧。 
  12. ^ “Stefan Löfven menetti valtiopäivien luottamuksen – ei kertonut jatko­suunnitelmasta”. Ilta-Sanomat. (2021年6月21日). https://www.is.fi/ulkomaat/art-2000008071503.html 2021年6月21日閲覧。 
  13. ^ “スウェーデン首相の不信任案可決、辞任か解散総選挙へ”. ロイター. (2021年6月21日). https://jp.reuters.com/article/sweden-politics-idJPKCN2DX0XG 2021年6月21日閲覧。 
  14. ^ “不信任のスウェーデン首相が辞任発表、議長が新政権樹立作業に”. ロイター. (2021年6月28日). https://jp.reuters.com/article/sweden-politics-idJPKCN2E40VC 2021年6月29日閲覧。 
  15. ^ “Moderaternas partiledare Ulf Kristersson lyckades inte bilda en regering”. スウェーデン・ラジオ. (2021年7月1日). https://sverigesradio.se/artikel/moderaternas-partiledare-ulf-kristersson-lyckades-inte-bilda-en-regering 2021年7月2日閲覧。 
  16. ^ “Stefan Löfven vil danne ny regjering”. ノルウェー放送協会. (2021年7月5日). https://www.nrk.no/urix/stefan-lofven-far-fleirtal-for-a-danne-ny-regjering-1.15565000 2021年7月6日閲覧。 
  17. ^ “ロベーン氏を首相再任 スウェーデン”. 時事通信社. (2021年7月8日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021070800740&g=int 2021年7月13日閲覧。 
  18. ^ “Stefan Löfven steps down as Sweden’s PM after seven years”. ガーディアン. (2021年8月22日). https://www.theguardian.com/world/2021/aug/22/stefan-lofven-steps-down-as-swedens-prime-minister-after-7-years 2021年8月23日閲覧。 
  19. ^ “スウェーデン初の女性首相誕生の見通し 与党新党首にアンデション財務相”. 産経新聞. (2021年11月5日). https://www.sankei.com/article/20211105-LOLEQH34F5PLJDVIH5VYOMNLJM/ 2021年11月11日閲覧。 
  20. ^ “Stefan Löfven officially resigns, opening door to Sweden’s first female prime minister”. ポリティコ. (2021年11月10日). https://www.politico.eu/article/stefan-lofven-resign-sweden-magdalena-andersson-first-female-prime-minister/ 2021年11月11日閲覧。 
公職
先代:
フレドリック・ラインフェルト
スウェーデンの旗 スウェーデン王国首相
第43代:2014 - 2021
次代:
マグダレナ・アンデション
党職
先代:
ホーカン・ユーホルト英語版
S v1.svg スウェーデン社会民主労働党党首
2012 - 2021
次代:
マグダレナ・アンデション

外部リンク[編集]