サーブ MFI-15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サーブ MFI-15/MFI-17

デンマーク空軍のT-17(MFI-17)

デンマーク空軍のT-17(MFI-17)

サーブ MFI-15 サファリ(Saab MFI-15 Safari)は、スウェーデンサーブ社が開発した軍民両用の軽飛行機である。1969年に初飛行を行った。

概要[編集]

機体は空冷水平対向4気筒アブコ・ライカミング IO-360-A1B6エンジン単発で、肩翼配置の前進翼は良好な下方視界の確保に役立っている。試作機は当初、通常の低翼配置の水平安定板を有していたが、未整備の飛行場で運用する際の損傷を最小化するため後にT字型尾翼に変更された。降着装置は3輪式の固定脚だが、オプションで尾輪式にすることも可能だった。軍用型はMFI-17サポーター(Supporter)と名付けられ、訓練以外にも弾着観測前線航空管制にも使用可能であった。

サーブ社はサファリとサポーターを合わせて約250機を製造し、1970年代末に製造を終了した。また、1976年からはパキスタンのPACがムシュシャク(Mushshak)の名称でライセンス生産と輸出を行い、150機以上を製造した。PACではさらに独自の改良を加えたスーパームシュシャク(Super Mushshak)も製造している。

1980年代には、スウェーデンで複合材製の延長翼と2本のスキーが取り付けられたMFI-18という名のモデルがテストされたが、実用化はされなかった。

派生型[編集]

PAC MFI-395 スーパームシュシャク


運用国[編集]

サポーター[編集]

ムシュシャク[編集]

スーパームシュシャク[編集]

要目[編集]

  • 全長:7.10m
  • 全幅:8.85m
  • 全高:2.60m
  • 翼面積:11.90m²
  • 空虚重量:680kg
  • 最大離陸重量:900kg
  • エンジン:アブコ・ライカミング IO-360-A1B6 レシプロエンジン 1基 210hp
  • 最大速度:262km/h
  • 巡航速度:
  • 航続距離:
  • 乗員:2名

外部リンク[編集]